【徹底比較】「DJI Air 2S」VS「Mavic 2 Pro/Zoom」どのドローンがおすすめ?

【徹底比較】「DJI Air 2S」VS「Mavic 2 Pro/Zoom」どのドローンがおすすめ?

2021年4月15日、DJIから新ドローン「DJI Air 2S」が発売されました。

この新ドローン「DJI Air 2S」は、上位機種の「Mavic 2 Pro」「Mavic 2 Zoom」の性能に勝っている部分もあるドローンです。

本記事では、新発売された「DJI Air 2S」と上位機種「Mavic 2 Pro」「Mavic 2 Zoom」の性能を比較、解説していきます。

それぞれ特徴を持っているドローンですが、どのドローンがベストな選択なのでしょうか?

「DJI Air 2S」とは?

DJI Air 2Sとは、2021年4月15日に発表されたDJIの新ドローンです。

「Mavic Air 2」のマイナーチェンジ機体になります。時系列的には「Mavic Air」→「Mavic Air 2」→「DJI Air 2S」となります。

31分の飛行時間を誇り、2,000万画素、5K30fps/4K60fpsの撮影ができるカメラを搭載、新機能「マスターショット」はどのような場所でも最高の撮影を実現し、映画のような短編動画を作り上げます。

DJI Air 2Sの公式プロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

DJI Air 2Sの詳細スペックは以下の通りです。

本体価格 119,900円
動画性能
(最大時)
5.4K 30fps/4KUltra HD60fps
2.7K 60fps/FHD 120fps
センサー 1インチCMOS
レンズ FOV:88°
22mm(35mm換算),F2.8
有効画素数 2,000万画素
本体重量 595g
本体サイズ(収納時) 180×97×77H(mm)
本体サイズ(展開時) 183×253×77H(mm)
最大飛行時間 31分
最高速度 19m/s
最大飛行距離 8km
障害物回避 前方/後方/上方/下方
内部ストレージ 8GB
伝送システム OcuSync 3.0

購入の際は、「DJI Air 2S Fly More コンボ(165,000円)」をオススメします。

コンボセットでは、バッテリーが3つ他、関連アクセサリーが多数同梱しており、非常にお得となっています。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

「Mavic 2 Pro/Zoom」とは?

Mavic 2 Pro/Zoomとは、2018年8月に発売されたDJIを代表するMavicシリーズの最上級ドローンです。

「Mavic 2 Pro」の特徴は、Hasselblad(ハッセルブラッド)カメラです。

Hasselbladカメラ(Hasselblad L1D-20c)は、Hasselbladが独自開発したハッセルブラッドナチュラルカラーソリューション技術(HNCS)により、撮影した映像に適切な色味を与えてくれます。

撮影状況に応じた最高の色を演出してくれるだけでなく、10億色以上を記録可能で10-bit Dlog-Mカラープロファイルに対応、自分の肉眼で世界を見るよりも明暗のはっきりした鮮やかな映像を記録できます。

圧巻の撮影映像に関しては、こちらの動画をご覧ください。

「Mavic 2 Zoom」の特徴は、光学2倍ズームレンズ(24mm-48mm)です。

DJIの一般消費者向けで唯一、ズーム撮影機能を搭載したドローンになり、「ドリーズーム」の撮影もできます。

ドリーズームとは、ヒッチコックの映画「めまい」で使われた撮影技法で、被写体をそのままのサイズで移しつつ、背景に引きをもたらす映像になります。

そのカメラ映像に関しては、こちらの動画をご覧ください。

また、それぞれの詳細スペックは以下の通りです。

Mavic 2 Pro Mavic 2 Zoom
本体価格(単体) 197,560円 165,000円
センサー 1インチCMOS 1/2.3インチCMOS
レンズ 28 mm(35mm換算) F2.8-F11 24-48 mm(35mm換算) F2.8-F3.8
動画性能(最大時) 4K 30fps 4K 30fps
カラーモード Dlog-M D-Cinelike
有効画素数 2,000万画素 1,200万画素
本体重量 907g 905g
収納時サイズ 縦214×横91×84 mm 縦180×横97×84 mm
最大飛行時間 31分 31分
最大飛行距離 6km 6km
最高速度 時速72km 時速72km
障害物検知 全方向 全方向
内部ストレージ 8GB 8GB
伝送システム OcuSync 2.0 OcuSync 2.0

「Mavic 2 Pro」と「Mavic 2 Zoom」は、機体の性能は同じで、搭載しているカメラのみが違います

鮮やかな映像が撮影したい方はMavic 2 Pro、クリエティブな撮影がしたい方はMavic 2 Zoomを選択しましょう。

created by Rinker
DJI
¥248,000 (2021/09/26 21:23:58時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
DJI
¥160,922 (2021/09/27 07:34:08時点 Amazon調べ-詳細)

購入の際は、バッテリー2つ他、付属品の多数同梱する「Fly Moreキット」の同時購入をオススメします。

created by Rinker
DJI
¥36,800 (2021/09/26 21:23:58時点 Amazon調べ-詳細)

「DJI Air 2S」と「Mavic2シリーズ」を比較

新機種「DJI Air 2S」と、上位機種「Mavic 2 Pro」「Mavic 2 Zoom」を比較します。

DJI Air 2 Mavic 2 Pro Mavic 2 Zoom
本体写真
コンボセット価格 165,000円 244,310円 211,750円
最大飛行時間 31分 31分 31分
センサー 1インチCMOS 1インチCMOS 1/2.3インチCMOS
レンズ 22mm(35mm換算)
F2.8
28mm(35mm換算)
F2.8-F11
24-48mm(35mm換算)
F2.8-F3.8
有効画素数 2,000万画素 2,000万画素 1,200万画素
動画性能(最大時) 5K 30fps/4K 60fps 4K 30fps 4K 30fps
伝送システム OcuSync 3.0
(最大8km)
OcuSync 2.0
(最大6km)
OcuSync 2.0
(最大6km)
最高動画ビットレート 150Mbps 100Mbps 100Mbps
障害物検知 前方/後方/上方/下方 全方向 全方向
備考 ズーム撮影可能 ズーム撮影可能

機体性能の違い

上位機種とはいえど、Mavic2シリーズの発売から2年以上の時間が経過しています。

Mavic2シリーズのドローン性能は素晴らしいものですが、さすがに最新ドローンと比較すると金額差はあっても性能差は大きくありません。

すでに最大飛行時間には差がありません。また、全方位の障害物検知とはいきませんが「DJI Air 2S」には4方向の障害物検知機能が搭載されています。

最大飛行距離に関しては、「DJI Air 2S」が上位機種であるMavic2シリーズを凌駕しています。

カメラ性能の違い

「DJI Air 2S」とMavic2シリーズのカメラ性能の違いは明確です。

有効画素数2,000万画素は「Mavic 2 Pro」と同等です。この2,000万画素という数字は一眼レフでも常用されている画素数になります。

また動画撮影に関しては、「DJI Air 2S」は5.4K30fps/4K60fpsの鮮やかで滑らかな映像を撮影できます。加えて、「Mavic 2 Zoom」の専売特許とも言えるズーム撮影機能も搭載されています。

圧倒的な価格の違い

それぞれ特徴のあるドローンですが、最も注目すべき点は価格差です。

「DJI Air 2S」のコンボセット価格(165,000円)は、「Mavic 2 Zoom」より5万円程安く「Mavic 2 Pro」より8万円程安い価格となっています。※Mavic 2シリーズは「Fly Moreキット」購入時で比較。

しかも「DJI Air 2S」のコンボセットにはケアサービス「DJI Care Refresh」が付属しています。「DJI Care Refresh」は、ドローンが壊れた際にリフレッシュ交換(新品または新品同様と交換)してくれるサービスです。リフレッシュ交換だけでなく、DJIスタッフによる製品サポートを優先的に受けることもできます。今までは別途購入が必要でした。

もし購入に悩まれているのであれば、余程お得でない限り「DJI Air 2S」をおすすめします。

空撮ドローンの最新記事