DroneWikiドローン総合情報サイト

Q. ホワイトバランスとは何ですか?ドローン撮影時のホワイトバランスの設定は?

ホワイトバランスとは、撮影環境での光の色を補正し、白を白く写すための補正機能です。

光は種類によって色や特徴を持っています。

例えば、電球の光は黄色に近い色をしています。曇りの日の太陽の光は青い色をしています。

人間の眼は、これらを「白いものは白」と脳が自動補正をかけてくれます。

しかし、カメラはその色味をそのまま再現するため、肉眼で見るよりも黄色く写ったり、青く写ったりします。

光が赤味がかった黄色になっている写真

 

ホワイトバランスを調整する

DJIドローンでは、AWBの他に以下のホワイトバランスが選べます。

  • 晴天
  • 曇り
  • 白熱灯
  • 蛍光灯
  • ホワイトバランス(2000K〜10000Kのカスタム設定)

 

ホワイトバランスは、K(ケルビン)という単位を用います。

ケルビンの数字が低ければ赤みが増し、数字が高ければ青みが増します。

上記の画像を参考に、ホワイトバランスのシチュエーションを選択したり、ホワイトバランスのカスタム設定をしてみましょう。

いつもの写真とは違った色味の撮影ができます。

 

オートホワイトバランス(AWB)とは?

また、オートホワイトバランスを使用する方法もあります。

オートホワイトバランス(Auto White Balance)とは、自動でシーンを判別してホワイトバランスを調整してくれる機能です。

DJIドローンの初期設定では、オートホワイトバランス(AWB)に設定されています。

ホワイトバランスの調整が分からない場合は、AWBの状態で撮影しましょう。

 

 

DJIドローンは1年間無料の保険に加入できます。

登録がまだの方は、万が一に備えて登録しておきましょう。