初心者必見!ドローン撮影の基本構図とは?撮影テクニック9選!

初心者必見!ドローン撮影の基本構図とは?撮影テクニック9選!

映画のようなダイナミックな写真・映像を撮ってみたい!
とドローンの空撮を始めても、なかなか同じような写真や映像は撮れません。

そんな時に見直したいのが「構図」です。
構図を意識することで、今までと違ったプロのような写真や映像を撮れるようになります。

そこで本記事では、覚えておきたい9つの基礎構図について解説していきます。

現在、DJIドローンにオススメなSandiskのmicroSDカードがAmazonでお買い得となっています。

created by Rinker
サンディスク
¥1,407 (2024/04/17 12:27:41時点 Amazon調べ-詳細)

構図の基本①:2分割法

2分割法は、フレームを半分(縦・横)にした構図です。

2分割法を使う場合、被写体の対比を意識して撮影すると効果的です。
白と黒、空と陸など、対比を意識して撮影しましょう。

構図の基本②:3分割法

3分割法とは、フレームを縦横に3分割し、交差する場所に被写体を配置する撮影テクニックです。

真ん中に被写体を置くのではなく、被写体を線が交差する場所にズラだけで、今までとは違う魅力ある写真を撮れます。

構図の基本③:日の丸構図

日の丸構図とは、撮りたい被写体を真ん中に写す構図です。

この日の丸構図を使う時は、存在感があるものを写す時でしょう。この構図を使えば、簡単に被写体の存在を際立たせます。

構図の基本④:曲線構図(S字・C字)

曲線構図は、写真のフレームの中に曲線を入れる構図です。

S字構図C字構図とも言われています。

曲線構図(S字・C字)を使うことで、写真が柔らかい印象になったり、迫力ある印象になったり、様々な味わいを表現できます。

構図の基本⑤:対角構図

対角構図は、フレームの中にある対角線上に被写体を配置する構図です。

この構図を利用することで、写真に奥行きが生まれます。

構図の基本⑥:三角構図

三角構図は、フレームの中に三角形を入れる構図です。

この構図を利用することで、写真をどっしりとした存在感あるモノにできます。被写体が三角形の場合でも、写真全体に三角構図を入れても効果的です。

構図の基本⑦:放射構図

放射構図とは、ある一点から放射線状に伸びていく構図です。
放射構図を利用することで、写真に遠近感が生まれ、動きのある味わい深い写真になります。

構図の基本⑧:額縁構図

額縁構図は、被写体を額のように囲う構図です。

被写体をより目立たせる構図です。被写体を単体で写すのではなく、何か額縁となるようなもので囲い、被写体をより目立たせて撮影できます。

構図の基本⑨:真俯瞰構図

真俯瞰構図は、ドローンならではの構図です。斜めではなく、完璧な頭上からの写真です。

構図の合わせ技

下記の写真のように、構図は合わせることでもできます。

 

ドローンの場合、少しでも角度がずれるとバランスを崩すので技術が要ります。
構図を使いこなし、合わせて素晴らしい写真を撮りましょう!

ドローン入門の最新記事