ACSLと日本郵便の共同開発ドローンがデビュー!レベル3.5飛行での配送を実施

ACSLと日本郵便の共同開発ドローンがデビュー!レベル3.5飛行での配送を実施

株式会社ACSL(本社:東京都江戸川区、代表取締役CEO:鷲谷聡之、以下:ACSL)は、2021年6月に、日本郵便株式会社(以下、日本郵便)および日本郵政キャピタル株式会社と業務提携契約を締結し、物流専用ドローンの開発に取り組んでまいりました。2024年3月4日から3月22日の期間中、本物流専用ドローンを用いた荷物などの配送試行を日本郵便が実施します。

本試行は、新たに開発した物流専用の新型ドローン(通称:JP2)を用い、郵便局から配送先地区にお住まいの受取人さま宅の近隣施設まで、補助者なし目視外飛行(レベル3.5)により実施するものです。

既存の機体よりもペイロード(搭載可能な荷物の重量)が増加した機体を活用することで、中山間地域でのドローン配送の実用化がより進むものと考えられます。

ACSLは、今後も、安全、安心なドローン開発を進めることで社会インフラに革命を起こし、人手不足・高齢化・業務の急増という社会インフラが抱える課題の解決を目指していくとのことです。そして、ドローンがますます生活者に身近なものとして社会実装されていくこと推進します。

※レベル3.5飛行とは、従来のレベル3で必要とされる立入管理措置(補助者・看板の配置)がデジタル技術の活用により撤廃となり、道路や鉄道等の上空の横断が条件付きで可能となったフライトです。

created by Rinker
エムディエヌコーポレーション
¥1,980 (2024/04/21 19:01:45時点 Amazon調べ-詳細)

日本郵便主催の配送試行の概要

  • 運行日:2024年3月4日(月)~同年3月22日(金)
  • 運行区間:出石郵便局(兵庫県豊岡市出石町町分117)配達区内
  • 主催:日本郵便
  • 実施協力:
    株式会社ACSL:物流専用ドローン「JP2(通称)」の提供および運航の支援
    兵庫県・豊岡市:地域、関係団体などと調整支援

使用機体概要

ACSL、日本郵便と共同開発の新型ドローンがデビュー!物流専用ドローンによるレベル3.5飛行での配送を実施

物流オペレーションを考慮した荷物の搭載等の簡便性や、社会受容性を意識したデザインを重視しつつ、「レベル4」のための型式・機体認証取得を想定した設計・仕様。

  • 通称:JP2
  • 外寸(プロペラ含む):
    長さ:2,272mm、幅:2,500mm、高さ:721mm
  • 動力:バッテリー
  • 最高速度:10m/s(36km/h)
  • 最大離陸重量:24.9kg
  • 最大積載量:4.5kg
  • 運航方式:自動航行
  • 耐候性能・風速10m/s
    ※地上局PC画面で常時遠隔監視
    ※緊急時等には遠隔からの操作介入可能

出典:株式会社ACSL

ニュースの最新記事