公園でドローンは飛ばせる?法律的にOKでも条例で禁止している場合も

公園でドローンは飛ばせる?法律的にOKでも条例で禁止している場合も

ドローンの練習場所・撮影場所として、『公園』を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?

公園であれば広いスペースがあり、「改正航空法の指定する条件さえ守れていれば、問題ないでしょ」と思うかもしれません。

しかし、公園でドローンを飛ばして逮捕された人のニュースもありました。
ドローン飛行容疑 男逮捕 無許可 3人書類送検 | 東京新聞

実は、これには都道府県や市町村が制定する『条例』が関係しています。

本記事では、自治体が制定する公園条例ドローンを飛ばしていいのか確認する方法について解説していきます。
合わせて、ドローンを飛ばせる場所の調べ方についても紹介してきますので、ぜひご覧になってください。

改正航空法のおさらい

まずは『改正航空法』について、おさらいしましょう。

ドローンのフライトに関して取り決めた法律『改正航空法』では、以下のフライトが禁止されています。

  • 空港周辺
  • 150m以上の上空
  • 人家の密集地域

つまり、公園でドローンを飛ばしても、150m以上の上空でなければ問題なさそうです。

また、ドローンのフライトでは以下6つのルールが決められています。

  1. ドローンは日中に飛ばしましょう
  2. ドローンは目視の範囲内で飛ばしましょう
  3. ドローンは人や物から30m以上離して飛ばしましょう
  4. ドローンはイベントの上空で飛ばしていけません
  5. ドローンで危険物を輸送してはいけません
  6. ドローンから物を落下させてはいけません

国土交通省 | 改正航空法概要ポスター.pfd

つまり、公園で飛ばしたとしても、周辺の人や物から30m以上離れてドローンを飛ばす必要があります。
また、夜にドローンを飛ばしてはいけなく、目視外の飛行も禁止されています。

ドローンのフライトに関する法律『改正航空法』に関しては、こちらの記事をご覧ください。

公園条例とは?

公園条例とは、都道府県や市町村が定める公園の利用に関する条例です。

例えば、東京都では『都立公園条例』という条例があります。この条例の第17条において、ドローンの使用は禁止されています。

そのため、東京都が管理している公園でドローンを飛ばした場合、逮捕されてしまいます

つまり、法律的に問題がなくても、条例で違法となるのです。

これは東京都に限った話ではありません
例えば長野県では、『長野県都市公園条例』第8条にて、ドローンの使用が禁止されています。
罰則も設定されており、5万円以下の過料となります。

愛知県では、『愛知県都市公園条例』第3条第2号及び9号にて、ドローンの使用が禁止されています。
罰則も設定されており、1万円以下の過料となります。

また、これは市町村においても同様です。
神奈川県横浜市では、『横浜市公園条例』第5条第10号にて、ドローンの使用が禁止されています。

岐阜県笠松町では、『笠松町都市公園条例』第5条第1項第8号にて、ドローンの使用が禁止されています。
罰則も設定されており、5万円以下の過料となります。

つまり、県が公園でのドローンのフライトを禁止していなくても、市町村単位でドローンのフライトを禁止している場合もあるのです。
そして、この条例を無視してドローンを飛ばしてしまうと、逮捕されてしまったり、罰則を受けることになります。

公園条例の確認方法

まずは、自分が飛ばしたい公園をインターネット検索してください。
公園のホームページに管理者情報が記載されていますので、そこに連絡してドローンを飛ばしても大丈夫か訊ねましょう。

公園条例を確認したい場合は、以下のように検索すると公園条例が出てきます。
例:「千葉県 公園条例」「千葉市 公園条例」

ただし、公園条例にドローンに関する記述がなくても、ドローンのフライトを迷惑行為と認識して罰則することもできます。
そのため、公園の管理者に直接電話やメールで確認することをオススメします。
※万が一のため、管理者の了承の証拠を残す方法(メールの履歴・電話の録音等)をオススメします。

また、国土交通省では『無人航空機ヘルプデスク』というドローンに関する相談窓口を設置しています。
公園の管理者情報が分からなかった、市役所の返答がないなどの場合は、こちらに問い合わせましょう。

【無人航空機ヘルプデスク】

電話番号:0570-783-072

受付時間:午前10:00 – 午後5:00(平日)

ドローンを飛ばせる場所の調べ方

ドローンを飛ばせる場所を調べる方法はいくつかありますが、おすすめは楽天AirMap株式会社が提供しているアプリ『Air Map』を使用する方法です。

このアプリでは、上記画像のように飛行禁止空域を地図上に表示してくれます。
そのため、簡単にドローンを飛ばしていい場所を調べることができます。

ただし、飛ばしていいエリアに指定されていても、他人の私有地で勝手にドローンを飛ばしてはいけませんので、注意してください。

また、DroneWikiでは日本全国のドローンを飛ばせる場所(有料・無料)をまとめています。
ドローンを飛ばしたい地域をクリックして、該当する都道府県の記事をご覧ください。

以上、公園条例、ドローンを飛ばせるのかの確認方法、ドローンを飛ばせる場所の調べ方について解説してきました。

ドローンに関する法律や条例はシビアであり、「大丈夫でしょ!」と軽い気持ちで飛ばして逮捕されることもあります。
ドローンを飛ばす前には、必ず確認をするようにしましょう。

『ドローンパイロットと法律』 990円
※こちらの本は評価も高くおすすめです。

ドローン入門の最新記事