「Mavic Air 2」の見た目を変えよう!おすすめスキンシールまとめ

「Mavic Air 2」の見た目を変えよう!おすすめスキンシールまとめ

「Mavic Air 2」は、1種類のカラーしか販売されていないドローンです。

しかし、スキンシールを使用することで自分なりの「Mavic Air 2」に色を変えることができます。

本記事では、スキンシールのメリット「Mavic Air 2」のおすすめスキンシールを解説していきます。

購入を検討中の方は、ぜひご覧ください。

その他「Mavic Air 2」のおすすめアクセサリーに関しては、こちらの記事をご覧ください。

スキンシールのメリット

傷や汚れ、日焼けを防ぐ

スキンシールはドローンの見た目を変えるだけではありません。

ドローンの風によって巻き上がる砂や小石などからドローンを守り、傷や汚れを防ぐことに繋がります。

また、ドローンが日に焼ける日焼けも防いでくれます。

視認性の向上

スキンシールはドローンの視認性を向上させることもできます。

例えば、山の中で撮影する際、ドローンが赤のような色をしていればすぐに目につきます。

このように、周囲には存在しない色にドローンのカラーを変えることで、視認性の向上を図れます。

オリジナルのドローンに

また、ドローンを自分独自のカラーにすることで、モチベーションが上がります。

派手な色が好きな方にとって、通常色のグレーは物足りないでしょう。

スキンシールを貼ることで、ドローンの操縦がより楽しくなること間違い無しです!

【Kiowon】本体+送信機スキンシール

サードパーティ会社Kiowonの扱っている「Mavic Air 2」のスキンシールは、全部で9種類あります。

どれも個性的なデザインとなっており、一眼で自分のドローンだと主張できます。

一方で、赤と黒のシンプルなデザインもあります。どちらも視認性を上げてくれるスキンシールです。

※商品ページにて、スキンシールの種類は選択できます。

【WRAPGRADE】アクセントスキンシールA

DJIドローンのスキンシールを多数販売しているサードパーティ会社「WRAPGRADE」では、3種類の「Mavic Air 2」のスキンシールを取り扱っています。

「アクセントカラーA」は、言葉の通りアクセントカラーとなるシールです。

カラーは全部で18種類あります。
※商品ページにて、カラーは選択できます。

貼り方のYouTube動画も公開されています。こちらをご覧ください。

【WRAPGRADE】アクセントスキンシールB

DJIドローンのスキンシールを多数販売しているサードパーティ会社「WRAPGRADE」では、3種類の「Mavic Air 2」のスキンシールを取り扱っています。

「アクセントカラータイプB」は、言葉の通りアクセントカラーとなるシールです。

「アクセントカラータイプA」よりもアクセントの面積が多くなっています(上記画像参照)。

カラーは全部で18種類あります。
※商品ページにて、カラーは選択できます。

貼り方のYouTube動画も公開されています。こちらをご覧ください。

【WRAPGRADE】本体+送信機スキンシール(全面)

DJIドローンのスキンシールを多数販売しているサードパーティ会社「WRAPGRADE」では、3種類の「Mavic Air 2」のスキンシールを取り扱っています。

アクセントカラーシリーズとは違い、こちらは本体全部を覆うスキンシールです。

いずれも鮮やかな単色のカラーとなっており、「Mavic Air 2」を自分の好きな色に染められます。

カラーは全部で18種類あります。
※商品ページにて、カラーは選択できます。

送信機のシールは別売りになります。
※「DJI Mini 2」「DJI Air 2S」「Mavic Air 2」の送信機は同じであり、アクセサリーには互換性があります。

貼り方のYouTube動画も公開されています。こちらをご覧ください。

空撮ドローンの最新記事