DroneWikiドローン総合情報サイト

4月18日、中国のFIMIが250g以下の新ドローン「X8 Mini」販売開始

2021.04.06

2021年4月18日、中国のドローンメーカーのFIMIは新ドローン「FIMI X8 Mini」の販売を開始します。

「FIMI X8 Mini」は本体重量245gのドローンです(プロバッテリー搭載時の重量)。ドローンに関する重要な法律に該当しないサイズは、日本では200gがボーダーとなっていますが、海外では250gがボーダーになります。

つまり、ドローン業界No.1企業であるDJIの「Mavic Mini」や「DJI Mini 2」といったドローンのライバル製品になります。ただし、標準バッテリー搭載時の重量は258gになるという奇妙な設計となっています。

ドローン展開時のサイズは、200×145×56H(mm)となっており、ライバル機である「DJI Mini 2」と同等です。また、搭載しているカメラは1200万画素、4K(30fps)、3軸ジンバルの高性能カメラです。最大飛行時間は30分であり、最大8kmのフライトが可能です。この辺りの性能も「DJI Mini 2」に酷似しています。

加えて、スマートトラッキングモード、自動戻り機能(RTH)、ナイトフライトモードなどの様々なフライトモードを搭載、撮影においてもタイムラプス、パノラマ、ライブストリーミングなど、DJIドローンと同様の撮影機能も搭載しています。

気になる価格ですが、大手通販サイトBangoodでは494ドル(56,149円 ※2021年4月5日現在)で予約注文することができます。
Bangood | FIMI X8Mini製品ページ

ちなみに、「DJI Mini 2」は450ドルで販売されています。「FIMI X8 Mini」は売れるのか、また日本仕様のバージョンは販売されるのか、今後の動向に注目です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加