12/20事前受付開始のドローンの登録義務化、手順と方法は?

12/20事前受付開始のドローンの登録義務化、手順と方法は?

2022年月6月20日から、ドローンをはじめとする無人航空機(ラジコンなどを含む)の登録義務化がスタートします。

そして、この登録義務化に伴い、2021年12月20日から事前受付が開始されます。

なお、この機体登録の義務化では、本体重量100g以上のドローンが対象となっています。本体重量200g以上ではなく、100g以上なのでお気をつけください。

ちなみに、この本体重量は「ドローン本体の重量+バッテリー重量」の総重量を指します。プロペラガードなどのアクセサリーは含まれませんが、バッテリーは含まれていますのでご注意ください。

本記事では、登録義務化の背景と登録方法・手順を解説していきます。登録が必要な方は、是非ご覧ください。
無人航空機登録ポータルサイト | 国土交通省

ドローン登録義務化の背景

近年、ドローンをはじめとする無人航空機(ラジコンなどを含む)の利活用が急増しています。

しかし一方で、ドローンに関連する事故や、国土交通省の飛行許可を得ずに危険な場所でドローンを飛ばす事案が頻発しています。実際、ドローンの飲酒操縦や事故での逮捕者も出ています。

そのため、ドローンをはじめとする無人航空機の事故などの原因究明や安全確保のため、無人航空機の所有者情報を把握する仕組みが必要となり、今回の登録義務化の運びとなりました。

なお、この法改正に伴い2022年6月以降、登録されていないドローンなどの飛行は禁止となります。

国土交通省による概要のポスターも公開されています。ご覧ください。
無人航空機の登録制度の概要.pdf | 国土交通省より

登録の手順・方法

ドローンをはじめとする無人航空機(ラジコンなどを含む)の登録方法は、以下の3つステップになります。

  1. 申請
  2. 入金
  3. 登録記号発行

なお、登録申請は2021年12月20日からドローン登録システム上で行えます。
無人航空機登録ポータルサイト | 国土交通省

申請方法

登録はオンラインまたは書類の提出によって行えます。指定のフォームと書類はまだ公開されていませんが、ドローン所有者及び使用者の氏名や住所、機体の製造番号等の情報を入力することになります。

入金方法

申請後、納付番号が発行されます。納付番号が発行されたら、指定された金額をネットバンクやATMなどで支払うことになります。この際、申請方法によって納付方法や金額が異なります。

手数料に関しては、以下をご覧ください。無人航空機の登録制度チラシ.pdf | 国土交通省より

登録記号発行

全ての手続きが完了すると、申請した無人航空機の登録記号が発行されます。そして、この登録記号は機体に明記する必要があります。

自動車に取り付けられたナンバープレートをイメージしてください。例えばドローンが紛失や事故を起こした際、それが誰のドローンであるのか?関連機関はすぐに調べることができるようになります。

お問合せはヘルプデスクへ

無人航空機登録の義務化に伴い、国土交通省では「無人航空機登録ヘルプデスク」を設けています。

登録に関して疑問や質問、お困りの方はこちらに相談してください。
無人航空機登録ポータルサイト | 国土交通省

【無人航空機登録ヘルプデスク】

TEL:050-3181-8378
受付時間:平日午前9時から午後5時まで
※土・日・祝・年末年始(12月29日から1月3日)を除く

現在、DJIドローンにおすすめのmicroSDカードがAmazonでお得に購入できます。

ニュースの最新記事