【徹底比較】新ドローン「DJI Air 2S」 VS Autel「EVO 2」おすすめは?

【徹底比較】新ドローン「DJI Air 2S」 VS Autel「EVO 2」おすすめは?

2021年4月15日、DJI社から新ドローン「DJI Air 2S」が発売されました。

この新ドローン「DJI Air 2S」は、DJIのライバル社であるAutel Robotics社の代表ドローン「EVO 2」と比較すると、性能はどうでしょうか?

本記事では、新ドローン「DJI Air 2S」とAutel「EVO 2」の機体性能やカメラ性能を比較解説していきます。

本格的な空撮ドローンの購入を検討中の方は、ぜひご覧ください。

DJI Air 2Sとは?

DJI Air 2Sとは、2021年4月15日に発表されたDJIの新ドローンです。

「Mavic Air 2」のマイナーチェンジ機体になります。時系列的には「Mavic Air」→「Mavic Air 2」→「DJI Air 2S」となります。

31分の飛行時間を誇り、2,000万画素、5K30fps/4K60fpsの撮影ができるカメラを搭載、新機能「マスターショット」はどのような場所でも最高の撮影を実現し、映画のような短編動画を作り上げます。

DJI Air 2Sの公式プロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

DJI Air 2Sの詳細スペックは以下の通りです。

本体価格 119,900円
動画性能
(最大時)
5.4K 30fps/4KUltra HD60fps
2.7K 60fps/FHD 120fps
センサー 1インチCMOS
レンズ FOV:88°
22mm(35mm換算),F2.8
有効画素数 2,000万画素
本体重量 595g
本体サイズ(収納時) 180×97×77H(mm)
本体サイズ(展開時) 183×253×77H(mm)
最大飛行時間 31分
最高速度 19m/s
最大飛行距離 8km
障害物回避 前方/後方/上方/下方
内部ストレージ 8GB
伝送システム OcuSync 3.0

購入の際は、「DJI Air 2S Worry-Free Fly More コンボ(165,000円)」をオススメします。

コンボセットでは、バッテリーが3つ他、関連アクセサリーが多数同梱しており、非常にお得となっています。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

Autel「EVO 2」とは?

Autel EVO 2」とは、2020年4月にアメリカで発売された、EVO2シリーズの一般消費者向けドローンです。通常セットの販売と、付属品の多数同梱する「Rugged Bundle(ラゲドゥ バンドル)」セットの2種類で販売されています。

8K映像の撮影ができる高画質カメラを搭載しており、日本でもその性能は話題になりました。本体重量1.1kgオーバー、最大飛行時間40分、全方位障害物センサーを搭載した本格的な空撮ドローンです。

「Autel EVO 2」の詳細スペックは、以下の通りです。

本体価格 196,900円
センサー 1/2インチCMOS
有効画素数 4,800万画素
レンズ FOV:約79°絞り:f/1.8
ISO感度 ビデオ:100~3200(自動/手動)
写真:100~3200(自動/手動)
デジタルズーム 1~8x(最大4x 無損失ズーム)
本体重量 1,127g
本体サイズ(収納時) 228×133×110H(mm)
本体サイズ(展開時) 424×354×110H(mm)
最大飛行時間 40分
最高速度 20m/s
最大飛行距離 9 km
障害物検知 全方位
内部ストレージ 8GB

購入の際は、付属品の多数同梱する「Rugged Bundle(ラゲドゥ バンドル)」セット(229,900円)をオススメします。

「DJI Air 2S」と「EVO 2」を比較

「DJI Air 2S」と「EVO 2」の性能を比較します。それぞれの性能は以下の通りです。

DJI Air 2S EVO 2
本体価格 119,900円 196,900円
展開時サイズ(mm) 183×253×77H 424×354×110H
本体重量 595g 1,127g
最大飛行時間 31分 40分
最大飛行距離 8km 9km
最高速度 19m/s 20m/s
センサー 1インチCMOS 1/2インチCMOS
レンズ FOV:88°
絞り:f/2.8
FOV:約79°
絞り:f/1.8
動画性能 5.4K 30fps/4KUltra HD60fps
2.7K 60fps/FHD 120fps
8K 25fps/6K 30fps
4K 60fps/2.7K 120fps
FHD120fps
有効画素数 2,000万画素 4,800万画素
ズーム機能 4倍〜8倍 1~8倍
障害物回避 前方/後方/上方/下方 全方位
内部ストレージ 8GB 8GB

機体性能の違い

まず、前提として「EVO 2」は「DJI Air 2」の2倍近い重さと大きさになります。大きく重量があるということは、その分の性能を搭載していることになります。

そのため「EVO 2」の方が全体的にパワフルなドローンとなっています。飛行時間、距離、速度など、どれを取っても上回っています。

とはいえ、後述しますが金額差が8万円近くありますので、これは仕方のない問題と言えます。

 

カメラ性能の違い

カメラの性能に関しても「EVO 2」の方が上回っています。「EVO 2」は8K撮影が可能なドローンです。

一方、「DJI Air 2」は最高で5.4K撮影が可能なドローンです。映像のクオリティだけを追い求めるのであれば、「EVO 2」に軍配が上がります。

しかしながら、実際に使用するのは4Kあるいはそれ以下だと思います。撮影した映像を再生したり編集したりする周辺機器の問題もあります。

4K映像の撮影だけで見るとfpsなどに大差ありません。実用を踏まえると、「DJI Air 2」でも十分な撮影が可能です。

 

価格の違い

前述の通り、両ドローンには8万円近い金額差があります。

その金額差分、「EVO 2」は「DJI Air 2S」の性能を上回っています。

圧倒的な性能を追い求めるのであれば、「EVO 2」はおすすめのドローンです。

しかし、本格的な撮影ドローンとして「DJI Air 2S」は申し分ない性能です。十分な飛行時間があり、高画質な映像を撮影でき、軽快な操縦が楽しめます。

空撮ドローンの最新記事