DroneWikiドローン総合情報サイト

Q. Mavic Miniが墜落する原因には何がありますか?

Mavic Miniに限らず、ドローンが墜落する主な原因は以下になります。

※国土交通省による、平成27年〜平成30年のドローン墜落事故のデータを参照。

1位:操縦ミス

ドローンの墜落原因第1位は、ドローンの操縦ミスです。

ドローンが物や人に接触して墜落する事故です。

Mavic Miniは下方にしか障害物検知センサーが搭載されていません。

初心者や操縦に自信の無い方は、プロペラガードを装備してのフライトをしましょう。

Mavic Mini 360°プロペラガード 1,870円

 

2位:通信障害

ドローンの墜落原因第2位は、通信障害です。

Mavic Miniには自動戻り機能が搭載されていますので問題ありません。

しかし、万が一備えて機体保険への加入を推奨いたします。

 

現在、Mavic MiniにおすすめのmicroSDカードが、Amazonでお買い得となっています。
SanDisk Extreme 32GB 1,380円

 

3位:悪天候

ドローンの墜落原因第3位は、悪天候です。

Mavic Miniに防水性能、防塵性能はありません。

また、Mavic Miniの耐風性能は8 m/sです。

ドローンを飛ばす際は、必ず風速を確認してからにしましょう。

風速計 1,780円

 

 

その他にも整備不良(プロペラの劣化等)も墜落に原因になります。

Mavic Miniに限らず、ドローンのプロペラは消耗品です。

プロペラが硬くなっていた場合、交換しましょう。

Mavic Miniのプロペラに関しては、こちらの記事をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加