DroneWikiドローン総合情報サイト

Q. DJIドローンのアクティブトラック機能とは?(Spark/Mavic2/Phantom4/Inspire2 etc)

アクティブトラックとは、動く被写体をドローンが自動で追尾&撮影してくれる機能です。

ドローンを自分で操作する必要がないため、ドローンパイロットはカメラの設定に集中することができます。

ドローン操作に不慣れな人でもプロのような映像が撮れる、DJIの開発した素晴らしい機能です。

 

アクティブトラックの設定方法

アクティブトラックの設定方法は以下になります。

  1. 『DJI GO 4』アプリの画面左【送信機ボタン】をタップします。
  2. 【アクティブトラック】をタップします。
  3. モニターの映像上に【ターゲットマーク】が表示されます。
  4. ドラッグして被写体を囲みます。
  5. 【GO】ボタンをタップして開始できます。

 

 

※自動操縦になりますので、周囲の環境に気をつけてください。

※解除の際は、コントローラー(送信機)のポーズボタンを押します。

 

 

ドローンを飛ばす以上、常に事故と隣り合わせです。

万が一に備え、必ず保険に加入しましょう。

 

2年目からはこちらの保険がおすすめです。

 

また、上記保険は賠償責任保険であり、ドローンの故障は補償してくれません。

万が一に備え、機体保険にも加入しておきましょう。