【徹底比較】DJI「Osmo Pocket 3」VS Insta360「GO 3」おすすめカメラは?

【徹底比較】DJI「Osmo Pocket 3」VS Insta360「GO 3」おすすめカメラは?

2023年10月25日、DJIから新ポケットジンバルカメラ「Osmo Pocket 3」の販売が開始されました。

Insta360の世界最小のアクションカメラ「GO 3」を比較すると、どのような性能の違いがあり、どちらがおすすめでしょうか?

本記事では、両カメラの性能を比較しつつ、どちらのカメラがどんな方におすすめか解説します。カメラの購入で悩まれている方は、ぜひご覧ください。

created by Rinker
DJI
¥96,800 (2024/05/29 06:51:37時点 Amazon調べ-詳細)

ポケットジンバルカメラDJI「Osmo Pocket 3」とは?

Osmo Pocket 3とは、2023年10月25日に発売されたDJIのポケットジンバルカメラです。人気商品だった「DJI Pocket 2」の後継機になります。

Osmo Pocket 3は、3軸ジンバルを搭載したタッチスクリーン付きのポケットカメラです。最大4K 120fpsが撮影でき、2インチのタッチスクリーンは縦向き撮影と横向き撮影を簡単に切り替えられます。

Osmo Pocket 3のプロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

Osmo Pocket 3の詳細スペックは以下の通りです。

価格74,800円(税込)
本体サイズ42.2×33.5×139.7 mm
本体重量179g
センサー &レンズ1インチCMOSセンサー
焦点距離:20 mm(35mm判換算)
絞り:f/2.0
フォーカス範囲:0.2 m 〜 ∞
最大写真解像度16:9:3840×2160
1:1:3072×3072
動画解像度【通常ビデオ撮影】
4K (16:9): 3840×2160@24/25/30/48/50/60fps
2.7K (16:9):2688×1512@24/25/30/48/50/60fps
1080p (16:9):1920×1080@24/25/30/48/50/60fps
3K (1:1):3072×3072@24/25/30/48/50/60fps
2160p (1:1):2160×2160@24/25/30/48/50/60fps
1080p (1:1):1080×1080@24/25/30/48/50/60fps
3K (9:16):1728×3072@24/25/30/48/50/60fps
2.7K (9:16):1512×2688@24/25/30/48/50/60fps
1080p (9:16):1080×1920@24/25/30/48/50/60fps
【スローモーション撮影】
4K (16:9):3840×2160@120fps
2.7K:2688×1512@120fps
1080p:1920×1080@120/240fps
連続撮影時間1080p 24fpsで166分
防水性
動作環境温度0°C~40°C
created by Rinker
DJI
¥96,800 (2024/05/29 06:51:37時点 Amazon調べ-詳細)

Osmo Pocket 3には、microSDカードが必須になります。

created by Rinker
キングストンテクノロジー
¥2,399 (2024/05/29 21:11:16時点 Amazon調べ-詳細)
128GB ★オススメ★

Osmo Pocket 3のmicroSDカードの選び方については、こちらの記事をご覧ください。

世界最小のアクションカメラInsta360「GO 3」とは?

GO 3とは、2023年6月27日にInsta360から発売された、35gの世界最小のアクションカメラです。

本体のみで最大45分間、2.7K 30fps動画が撮影できます。ウェアラブルに適しており、体に身につけることで、ハンズフリーでの簡単撮影を実現します。

GO 3のプロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

GO 3の詳細スペックは以下の通りです。

価格57,500円(税込)
本体サイズ25.6×23.2×54.4 mm
本体重量35.5g
最大写真解像度2560×1440 (16:9)
2560×2560 (1:1)
1440×2560 (9:16)
2936×1088 (2.7:1)
動画解像度2.7K 24/25/30fps
1440p 24/25/30/50fps
1080p 24/25/30/50fps
連続撮影時間GO 3:45分
GO 3 + アクションポッド:170分
※1080p 30fpsで撮影時
防水性水深 5m(通常時)
水深 60m(アクセサリー装着時)
動作環境温度-20°C~40°C
created by Rinker
Insta360
¥49,400 (2024/05/29 20:06:21時点 Amazon調べ-詳細)

DJI「Osmo Pocket 3」とInsta360「GO 3」を比較

DJI「Osmo Pocket 3」とInsta360「GO 3」を比較します。

Osmo Pocket 3GO 3
カメラの種類ポケットジンバルカメラ最小アクションカメラ
価格(税込)74,800円57,500円
本体サイズ42.2×33.5×139.7H25.6×23.2×54.4H
本体重量179g35.5g
最大動画解像度【通常撮影】
4K 60fps
2.7K 60fps
1080p 60fps
【スローモーション撮影】
4K 120fps
2.7K 120fps
1080p 240fps
2.7K 30fps
1440p 50fps
1080p 50fps
連続撮影時間1080p 24fpsで166分1080p 30fpsで45分
アクションポッド装着で170分
防水性水深 5m(通常時)
水深 60m(アクセサリー装着時)
動作環境温度0°C~40°C-20°C~40°C

価格の違い

Insta360「GO 3」の方が約15,000円以上安く購入可能です。

後述しますが、そもそも撮影の用途が違います。「GO 3」は小さなアクションカメラであり、その魅力は小型であること、耐久性に優れていること、カメラ性能です。つまり、スポーツなどのアクティビティの撮影に向いています。

一方、DJI「Osmo Pocket 3」はポケットカメラであり、その魅力は屋内や街中で気軽に撮影できる手軽さとカメラ性能です。自分のライフスタイルに合わせたカメラを購入しましょう。

GO 3のアクセサリーに関しては、こちらの記事をご覧ください。

DJI「Osmo Pocket 3」のアクセサリーに関しては、こちらの記事をご覧ください。

本体の性能の違い

「GO 3」は防水性能を備えており、マリンスポーツはもちろん、ウィンタースポーツの臨場感ある撮影ができます。アクティビティ撮影をお考えであれば、ハンズフリーで撮影できる「GO 3」はおすすめです。

created by Rinker
Insta360
¥49,400 (2024/05/29 20:06:21時点 Amazon調べ-詳細)

しかし、街中や屋外で綺麗なブレのない映像を撮影したいのであれば、「Osmo Pocket 3」がおすすめです。3軸ジンバルにより、ブレのない4K映像を撮影できます。

created by Rinker
DJI
¥96,800 (2024/05/29 06:51:37時点 Amazon調べ-詳細)

カメラ性能の違い

単純にカメラの解像度だけで言えば4K撮影ができる「Osmo Pocket 3」の方が優れています。街や屋内での撮影をお考えであれば「Osmo Pocket 3」がおすすめです。

created by Rinker
DJI
¥96,800 (2024/05/29 06:51:37時点 Amazon調べ-詳細)

しかし、「GO 3」は世界最小の35gで2.7K撮影ができるアクションカメラです。マリンスポーツ、ウィンタースポーツなどのアクティビティでの撮影をお考えであれば、「GO 3」はおすすめです。

created by Rinker
Insta360
¥49,400 (2024/05/29 20:06:21時点 Amazon調べ-詳細)

アクションカメラの最新記事