「第43回 横浜開港祭」で1,000機のドローンショー!約50万人を魅了 – レッドクリフ

「第43回 横浜開港祭」で1,000機のドローンショー!約50万人を魅了 – レッドクリフ

2024年6月2日、ドローンショーを企画・運営する株式会社レッドクリフ(本社:東京都港区、代表取締役:佐々木孔明、以下:レッドクリフ)は、神奈川県横浜市の臨港パークで開催された「第43回 横浜開港祭」において、横浜開港祭史上最大規模となる、1,000機のドローンを使用したドローンショーを成功しました。

前回の倍規模、1,000機のドローンで横浜港の開港記念日を祝福

1981年より毎年6月に横浜港の開港を祝うために開催される市民祭である横浜開港祭は、今年で43回目を迎えました。

レッドクリフは、「第41回 横浜開港祭」(2022年)にて横浜開港祭史上初となるドローンショーを実施しました。500機のドローンショーが好評を博したことを受け、今回はその倍の1,000機を使用し、さらに迫力ある演出を実現しました。

当日は、1,000機のドローンが横浜港の開港を祝福すべく、「第43回 横浜開港祭」のサブタイトルである「いつもここからなにかがはじまる」のメッセージを描いて開幕しました。

上空150m、横幅200mの夜空に、イルカやクジラなど海の生物や船、海中を泳ぐダイバー、横浜の街並みなどのモチーフを次々と出現させ、横浜港にちなんだ“いかり”のモチーフと「横浜開港祭 Thanks to the Port 2024」のテキストを描いて約20分間のドローンショーは幕を閉じました。

早くも来年に向けて高まる期待

「第43回 横浜開港祭」は、6月1日(土)・2日(日)の2日間合計で約50万人の来場者数を記録しました。

2年ぶりとなった横浜開港祭でのドローンショーは、来場者やSNSから多くの好意的な声が寄せられました。

「みなとみらいの夜景と、ドローンとのコラボ、最高ですね」
「1000機使ったドローンのショーが圧巻でした」
「横浜開港祭のフィナーレは最高のドローンショーでした!感激…!!」
「ドローンはプロジェクションマッピングみたいに動きがあって、面白かったです」
「最高だぜ、ドローンショー」
「まるで夢のような夜空!横浜ならではの演出も嬉しい!今回直接見られなかったので今から来年が楽しみ〜」
「来年も美しい光景を見せてくれよ」
「横浜開港祭は日付固定花火なので、来年は有給取ってリベンジしたい」

今後もレッドクリフは「夜空に、驚きと感動を。」というミッションを胸に、今後も“空のクリエイティブ集団”として次世代エンターテインメントを提供していくとのことです。

株式会社レッドクリフ 代表取締役 佐々木孔明のコメント

「第43回 横浜開港祭での1,000機のドローンショーを無事に成功させることができ、大変嬉しく思います。今回のショーは、2年前の500機のショーから倍のスケールでお届けし、横浜のみなさまと共に開港記念日を祝うことができました。多くの方々からいただいた温かいご声援や感動の声に、弊社一同心から感謝しております。
ドローンショーは、環境に優しく、技術と芸術が融合した新しいエンターテインメントです。私たちは今後も持続可能な社会に貢献しながら、より多くの人々に感動を届けるべく努力を続けてまいります。次回の横浜開港祭でも、さらに進化した演出をお見せできるよう準備を進めてまいりますので、どうぞご期待ください。」

出典:株式会社レッドクリフ

ニュースの最新記事