スターアイランド2024にて、最大級の1,000機のドローンショーで観客を魅了 – レッドクリフ

スターアイランド2024にて、最大級の1,000機のドローンショーで観客を魅了 – レッドクリフ

2024年6月1日、ドローンショーを企画・運営する株式会社レッドクリフ(本社:東京都港区、代表取締役:佐々木孔明、以下:レッドクリフ)は、東京・お台場海浜公園にて開催された「STAR ISLAND 2024(スターアイランド2024)」(主催:STAR ISLAND実行委員会)において、福岡公演に続き、1,000機のドローンショーを実施しました。

チケットはソールドアウト「スターアイランド2024」

「STAR ISLAND」は、世界各地の象徴的な絶景ロケーションで展開される日本の伝統花火と、最先端テクノロジーである3Dサウンドやレーザーライティング、パフォーマンスがシンクロする世界初のエンターテインメントです。

クリエイティブディレクター 小橋賢児氏が総合演出をつとめ、これまで世界各国で1,500万人以上を動員しました。

今回の日本での開催は2017年以来5年ぶりとなり、チケットは当日券も含めて全7種類がすべてソールドアウトしました。当日は、開場前から多くの観客が列を作り、入り口となる「STAR GATE」の先に広がる非日常空間は賑わいを見せました。

12,000発の花火と1,000機のドローンの共創

日没後、空の色が幻想的な色味へと移りゆくマジックアワーとともに開演しました。東京公演のドローンショーは、オープニングとエンディングでそれぞれ1,000機のドローンが夜空に舞い上がり、「丸玉屋小勝煙火店」「マルゴー」「紅屋青木煙火店」の花火チームが打ち上げた1万2,000発の花火とともに、3Dサウンド、レーザーと共創して華やかさを演出しました。

ドローンはヒトや鳳凰、植物など地球上の生命体を次々と夜空に映し出し、“STAR ISLAND”という、もう一つの地球でもう一つの人生を旅する空間を演出しました。

終盤には、東京公演限定となる、レインボーブリッジと東京タワーのモチーフが登場し、実物のレインボーブリッジと東京タワー上空に描かれた景色に観客から歓声と拍手が湧き上がりました。

クライマックスでは、ドローンが「スターアイランド2024」のコンセプトである「LIFE IS A JOURNEY」のメッセージを作り出し、人生という一つの大きな旅を表現。陸でのステージパフォーマンスに加えて、海では水上バイクとフライボート、空では花火とドローンショーが繰り広げられ、約1時間35分にわたる壮大なパフォーマンスショーをお届けしました。

SNSでは「ストーリー、パフォーマンス、ドローンとの協演とても素晴らしい」「ドローンが作る光と、花火がマッチして非常に綺麗でした」「私がメインで見たかったのは、レッドクリフさんのDroneSHOW。久しぶりにエンターテイメントを肌で感じました」など、感動の声が多く寄せられました。

レッドクリフは「夜空に、驚きと感動を。」というミッションを胸に、今後も“空のクリエイティブ集団”として次世代エンターテインメントを提供していくとのことです。

株式会社レッドクリフ 代表取締役 佐々木孔明のコメント

「今回、東京公演の2日目は生憎の天候により残念ながら中止となりましたが、福岡・東京の2都市で開催された『STAR ISLAND 2024』において、1,000機のドローンショーを成功させることができ、大変光栄に思います。観客の皆様からいただいた熱い反響と感動の声に、私たちレッドクリフ一同、深い感謝の気持ちでいっぱいです。
夜空に映し出された東京のシンボルと、ドローン、花火、音楽が一体となった演出は、まさに“未来型花火エンターテインメント”の真骨頂でした。これまで培ってきた技術とクリエイティブの融合が、観客の皆様に新たな感動を届けられたことを非常に誇りに思います。
ドローンショーの可能性を追求し続け、次回に向けて、空のクリエイティブ集団としてさらに斬新で革新的な演出を目指し、チーム一丸となって準備を進めてまいります。今後も、皆様のご期待に応えられるよう努力してまいりますので、引き続きご支援とご声援を賜りますようお願い申し上げます。」

出典:株式会社レッドクリフ

ニュースの最新記事