STAR ISLAND FUKUOKA 2024にて、福岡史上最大の1000機のドローンが夜空を彩る – レッドクリフ

STAR ISLAND FUKUOKA 2024にて、福岡史上最大の1000機のドローンが夜空を彩る – レッドクリフ

2024年5月11日、国内最大数でドローンショーを企画運営する株式会社レッドクリフ(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐々木孔明、以下:レッドクリフ)は、福岡県福岡市中央区のみずほPayPayドーム福岡特設会場及び地行百道特設会場にて「STAR ISLAND FUKUOKA 2024」(主催:STAR ISLAND実行委員会)にて福岡史上最大の1,000機のドローンショーを実施しました。

オープニングとエンディングのそれぞれ1,000機のドローンショーを実施し、光と音楽が13,000発の花火とシンクロし、夜空に天使や鳳凰などのモチーフを描き出しました。

高度な技術を駆使したドローンパフォーマンスは、会場に訪れた人々を圧倒し、感動を与えました。STAR ISLANDの世界観が織りなす壮大なスケールでの次世代エンターテインメントの演出が会場の観客を魅了しました。ショーの後半ではPayPayドームや福岡タワーなど限定アニメーションも表示され、来場者から歓声があがりました。

レッドクリフ代表の佐々木とSky Studio主宰の小橋との初コラボレーションとなる今回は、福岡のショーでは初となる1,000機のドローンを投入し、日本の伝統花火やパフォーマンスと融合したかつてない演出となり、無事に成功しました。

次回の開催は、2024年6⽉1⽇・2⽇になります。場所はお台場海浜公園で開演は19:15です。

チケットは好評発売中です。詳細は公式サイトをご覧ください。

公式サイト(STAR ISLAND):https://star-island.jp
チケット購入(STAR ISLAND チケット):https://l-tike.com/event/mevent/?mid=716951

出典:株式会社レッドクリフ

ニュースの最新記事