DroneWikiドローン総合情報サイト

ドローンパラシュート開発のAVSSへ出資 – DRONE FUND(日本)

2020.07.01

2020年6月29日、日本のDRONE FUND(本社:東京都、代表:千葉 功太郎、大前 創希、以下:ドローンファンド)は、カナダのドローン会社Aerial Vehicle Safety Solutions Inc.(本社:ニューブランズウィック州、CEO:Josh Ogden、以下:AVSS)へ、DRONE FUND 2号(正式名称:千葉道場ドローン部 2号 投資事業有限 責任組合)より出資を実行しました。

AVSSは、2017年に創業した、産業用ドローンへ簡単に搭載できる独自のパラシュート・システムを開発する会社です。

このパラシュート・システムは、業界初のテクノロジーを採用したパラシュート・ポッド(Parachute Pod™)にあり、パラシュートの射出方式にバネを採用することでリパッキングのためのダウンタイムとコストを必要としません。

これにより第三者上空の飛行に伴うリスクを逓減、プラントなどの危険なエリアなどにおいても、パラシュート付きのより安全なドローンの導入が可能になります。

ドローンのパラシュートは、リスクを逓減させる方法のひとつとして国際的な注目を集めています。
ドローンファンドも今後ますますドローンのパラシュートは重要になっていくと考えているようです。

EU圏内では、ドローンのパラシュートの取り付けが義務づけられている国もあり、アメリカ合衆国でも承認を受けている第三者飛行申請の多くが、パラシュート付きの機体によるオペレーションとなっています。

現在、日本ではドローンのパラシュート取り付け義務などはありませんが、今後レベル4(有人地帯における目視外飛行)の解禁に向け、これらの装備や保険サービスなどの重要性も高まっていきます。

 

因みに、一般消費者向けドローンのパラシュートは、AmazonなどでFlyFire社から販売されています。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

出典元:DRONE FUND「DRONE FUNDが、ドローンに特化したパラシュートを開発する カナダのAVSSへ出資を実行

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加