【徹底比較】「DJI Mini 3 Pro」VS「DJI Mavic 3」初心者にオススメなのは?

【徹底比較】「DJI Mini 3 Pro」VS「DJI Mavic 3」初心者にオススメなのは?

2022年5月10日、DJIから新ドローン「DJI Mini 3 Pro(ディージェイアイ ミニ スリー プロ)」が発売されました。

この新ドローンDJI Mini 3 Proは、上位モデル「DJI Mavic 3」と比較するとドローン初心者にはどちらがオススメでしょうか?

本記事では、機体性能を比較しつつ、どちらのドローンが初心者におすすめなのか解説していきます。ドローンの購入で悩まれている方は、ぜひご覧ください。

DJI Mini 3 Proとは?

DJI Mini 3 Proとは、2022年5月10日に発表されたDJIの新ドローンです。

DJIの大人気ドローンシリーズである「Miniシリーズ」の最新機体になります。時系列的には「Mavic Mini」→「DJI Mini 2」→「DJI Mini 3Pro」となります。

最大飛行時間34分(※47分)、4K/60fps 動画&4K/30fps HDR動画撮影ができ、3方向の障害物検知が可能な本体重量249gのドローンです。DJIドローン特有のカメラアシスト機能も多数搭載されています。

DJI Mini 3 Proの公式プロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

DJI Mini 3 Proの詳細スペックは以下の通りです。

本体価格106,700円
動画性能
(最大時)
4K 60fps
2.7K 60fps
FHD 60fps
センサー1/1.3インチ CMOS
レンズFOV:82.1°
22mm(35mm換算),F1.7
有効画素数4,800万画素
本体重量249g
本体サイズ(収納時)145×90×62H(mm)
本体サイズ(展開時)171×245×62H(mm)
最大飛行時間34分(※47分)
最高速度16 m/s
最大飛行距離8km(日本)
障害物回避前方/後方/下方
内部ストレージなし
伝送システムDJI O3

DJI Mini 3 Proには、3種類の販売形態があります。

  • 「DJI Mini 3 Pro」106,700円
  • 「DJI Mini 3 Pro(DJI RC付属)」119,900円
  • 「DJI Mini 3 Pro(機体本体)」92,400円

おすすめは、送信機にモニターが組み込まれている「DJI Mini 3 Pro(DJI RC付属)」です。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

DJI Mavic 3とは?

DJI Mavic 3とは、2021年11月に発表されたDJIを代表するMavicシリーズのドローンであり、「Mavic 2(Pro/Zoom)」の後継機に当たるドローンです。

全方位に障害物センサーを搭載しており、最大46分間飛行、最大15km(日本では8km)のフライトが可能です。また、最大5.1K 50fps、4K 120fpsでの動画撮影が可能なハッセルブラッドのカメラを搭載しています。

Mavic 3の公式プロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

Mavic 3の詳細スペックは以下の通りです。

本体価格253,000円
動画撮影
(最大時)
5.1K 50fps
DCI 4K 120fps
FHD 200fps
センサー1/2インチCMOS
レンズ162mm(35mm判換算),f/4.4
有効画素数2,000万画素
本体重量895g
本体サイズ(収納時)221×96.3×90.3H(mm)
本体サイズ(展開時)347.5×283×107.7H(mm)
最大飛行時間46分
最大飛行距離8km
最高速度19m/s
障害物回避全方位
内部ストレージ8GB
伝送システムO3+

購入の際は、「Mavic 3 Fly More コンボ(341,000円)」をオススメします。

コンボセットでは、バッテリーが3つ他、NDフィルターセットなどの関連アクセサリーが多数同梱しており、非常にお得となっています。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

「DJI Mini 3 Pro」と「DJI Mavic 3」を比較

「DJI Mini 3 Pro」と「DJI Mavic 3」を比較します。

 DJI Mini 3 ProDJI Mavic 3
通常価格106,700円253,000円
展開時サイズ171×245×62H347.5×283×107.7H
本体重量249g895g
最大飛行時間34分(※47分)46分
センサー1/1.3インチCMOS1/2インチCMOS
動画性能4K 60fps
2.7K 60fps
FHD 60fps
5.1K 50fps
DCI 4K 120fps
FHD 200fps
有効画素数4,800万画素2,000万画素
ズーム機能2倍〜4倍ズーム4倍ズーム
障害物回避前方/後方/下方全方位
伝送システムDJI O3
(最大8km)
O3+
(最大8km)
内部ストレージなし8GB

価格の違い

まず、そもそもの価格の違いがあります。「DJI Mini 3 Pro」は約11万円であり、「DJI Mavic 3」は約25万円です。両者には約14万円の価格差があります。

DJIドローンシリーズは、Miniシリーズ→Airシリーズ→Mavicシリーズの順となっています。「DJI Mavic 3」はシリーズ最高峰のドローンです。その性能は本格的なプロ向けと言えます。

一方、Miniシリーズはドローン初心者がドローンを始めるエントリーモデルです。ドローン初心者の方は、「DJI Mini 3 Pro」の選択がオススメです。

機体性能の違い

金額差もあることから、全体的な機体性能は「DJI Mavic 3」が優れています。

とはいえ、「DJI Mini 3 Pro」は初心者には十分な性能を備えたコンパクトでパワフルなドローンです。通常の飛行時間は少し優っていますが、別売りのバッテリー(※)を使用すると、最大飛行時間は47分でむしろ超えてきます。

また、両ドローンには障害物回避機能が搭載されています。障害物回避機能は、ドローンの事故を未然に防ぐことができるため、搭載されているに越したことはありません。ドローン初心者でも安全なフライトができるように、システムがサポートしてくれます。

カメラ性能の違い

両ドローンのカメラ性能を比較すると、上位モデルということもあり「DJI Mavic 3」に搭載されているカメラの方が優れています。

「DJI Mavic 3」は、5.1K 50fpsの映像を撮影可能です。とはいえ、「DJI Mini 3 Pro」も4K 60fpsの映像を撮影でき、十分な性能があります。どちらも綺麗な映像を撮影可能です。

最後に、今年の6月から法律も変わり、どちらもドローン登録が必須のドローンになります。小さくてパワフルなドローンが欲しい方は「DJI Mini 3 Pro」、プロ向けの本格的なドローンが欲しい方は「DJI Mavic 3」がおすすめです。

ドローン登録に関しては、こちらの記事をご覧ください。

ドローン登録の必要のないドローンに関しては、こちらの記事をご覧ください。

空撮ドローンの最新記事