【新製品】スマホ用AI追跡搭載ジンバル「Insta360 Flow Pro」販売開始

【新製品】スマホ用AI追跡搭載ジンバル「Insta360 Flow Pro」販売開始

2024年7月9日22:00、Insta360Japan株式会社(本社:東京都中央区、以下:Insta360)は、iPhoneユーザー向けに大幅にアップグレードしたスマホ用AI追跡搭載ジンバル「Insta360 Flow Pro(以下:Flow Pro)」の販売を開始しました。

Flow Proは、Insta360の最先端のAI追跡アルゴリズムである「ディープトラック3.0」を搭載、より複雑な環境でも比類のない精度でユーザーまたは目的の被写体を追跡します。また、「無限パントラッキング」により360度回転し、3軸手ブレ補正によりあらゆる揺れを除去して非常にスムーズな撮影を実現します。

さらに、内蔵自撮り棒&三脚&充電、ワンタップペアリング、新しいトラッキングリングライトを備えており、プロ並みのコンテンツ作成、オンライン会議、ビデオ通話、ライブ配信等のシーンに役立つ、持ち運び可能なツールです。

Insta360の創業者であるJK Liu氏は、次のように述べています。

「Flow Pro は、新しい市場に参入したInsta360初のジンバルであるFlowの洗練された革新的デザインを基盤としています。Flowは、オールインワンデザイン、携帯性、AI追跡技術で高く評価されていますが、更に上を求めるユーザーのニーズを満たすため機能を強化したいと考え、Flow Proを開発しました。Flow ProはAppleの最先端の被写体追跡技術であるDockKitを採用し、当社の業界をリードするAI技術を継続的に改善することで、さらにシームレスな追跡、撮影、編集を行えます。」

「Insta 360 Flow Pro」の特徴

DockKit 技術でシームレスな撮影体験

Flow Proは、Appleの最新の被写体追跡技術である DockKitを採用した初となるジンバルで、Apple Worldwide Developers Conference 2024 (WWDC) でも登場したように、iPhoneユーザーに比類のない柔軟性を提供します。

iPhoneのネイティブカメラアプリで正確に追跡することで、被写体を常に捉え、焦点が合った状態にあることを確認しながら、インカメラまたはリアカメラですぐに撮影を開始できます。アプリに接続する必要なく撮影でき、一生に一度の瞬間を逃すことはもうありません。

Flow Pro はワンタップペアリングでスマートフォンを自動的に認識し、さらにスムーズな撮影体験を実現します。スマートフォンのNFC機能を使用して、スマートフォンをジンバルの近くに置いてペアリングでき、2回目以降は、スマートフォンが近くにあるとFlow Proが自動的に再接続します。磁気スマートフォンクランプまたは新しいMagSafe対応磁気スマートフォンマウントでスマートフォンを装着し、ジンバルを展開すると、すぐに撮影を開始できます。

さらに柔軟性を高めるために、FaceTime、Zoom、TikTokなど、200を超える人気のサードパーティ製 iOSアプリに対応し、簡単に追跡できます。空間内を自由に移動して、ハンズフリーで動画を作成したり、ライブ配信やビデオ通話中も、常に被写体をフレーム内に収めます。

比類ない手ブレ補正とAI追跡

Flow Proは、高精度なAI追跡、AI画像処理、3軸手ブレ補正を備え、映画のようなアングルやクリエイティブな動きをこれまで以上に簡単に撮影できます。機械式手ブレ補正により、ブレないショットを保証し、暗所やズームインなど、スマートフォンの電子式手ブレ補正では補正しきれない場合でも、安定したショットを実現します。

Insta360の次世代 AI 追跡技術である「ディープトラック3.0」と組み合わせることで、Flow Proは被写体を比類のない精度でリアルタイムに追跡し、被写体の動きに合わせて回転して自動的にフレーミングします。 Flowの高精度な追跡回復、人物再認識、ズームトラッキング、スローモーショントラッキングといった、「ディープトラック3.0」の技術的利点を踏襲しつつ、さらに進化した以下の技術が組み込まれています。

  • 機能性向上:360度無限パントラッキングにより、Flow Proは被写体をトラッキングしながら水平方向に 360 度回転できるようになりました。空間内をどのように移動しても、制限や中断される事はありません。
  • 汎用性向上:犬、猫、馬などのペットを追跡できるようになり、汎用性がさらに高まりました。
  • 利便性向上:新搭載LEDトラッキングリングライトにより、Flow Proがトラッキングしているかどうかが一目でわかります。

ジェスチャー操作を使用すれば、三脚をセットし、完全に自動で撮影することも可能です。ボタンを押す必要なく、Insta360アプリを使用し、ハンズフリーで追跡を開始できます。

全てをひとつに

スマートフォンで撮影する際の利便性と汎用性を追求したハンドヘルド設計により、インスピレーションが湧く場所ならどこにでも Flow Proを持ち運ぶことができます。

従来のFlowと同様に、クリエイターにとって必須の以下のツールが1つのデバイスにまとめられています。

  • 内蔵自撮り棒: 215mmまで伸び、自撮り、グループ撮影の際に役立ちます。また、映画のようなローアングルショットも撮影可能。
  • 内蔵三脚: ハンドルから伸ばして、ジンバルを置いて自分自身を撮影したり、息を呑むようなモーションタイムラプスや360度のパノラマ写真が撮影可能。
  • 内蔵充電器: 2900mAh バッテリーを搭載。録画中にスマートフォンを充電可能。
  • 内蔵コールドシュー: Vlog用にマイクを追加可能。

Flow Proは、1ステップで高速展開でき、10時間駆動のバッテリーで一日中撮影を楽しめます。撮影が終わったら、Flow Proを折りたたんでポケットやバッグにしまって、どこにでも持ち運べます。

操作性にこだわったミニマルなデザイン

Flow Proは、すべての主要な操作がスマートホイールに備わったミニマルなデザインに仕上がっており、撮影操作、動画再生などにすばやく簡単にアクセスできます。

4つの主要なジンバルモード(オート、フォロー、パンフォロー、FPV)は、動きに応じてジンバル設定を自動的に調整します。初心者に最適なオートモードではブレのない撮影が保証され、またFPVドローンのような動きをシミュレートすることもできます。

AIを活用した撮影と編集

Flow Proを使用すると、スマートフォンで直接、ダイナミックなコンテンツを簡単に作成、編集できます。アイデアが浮かばない場合は、Insta360アプリの「編集ジーニー」のテンプレートを使用すれば、構図から動きまで、シーンに合わせて撮影をガイドしてくれます。

Flow Proの映画のような特殊エフェクトを最大限に活用すれば、臨場感あふれる360度パノラマ、ダイナミックなタイムシフト、モーションタイムラプス、さらには定番のハリウッドエフェクトドリーズームが作成でき、スマートフォン動画を簡単にレベルアップさせることができます。

1日の撮影が終わったら、Insta360アプリのAI編集テンプレート「FlashCut」を使用して簡単にショート動画を作成できます。数タップでAIがシームレスなトランジションとエフェクトを追加、ハイライトを音楽に合わせて編集し、その日の出来事を映像として形に残すことができます。

「Insta 360 Flow Pro」の主なスペック

Flow Proの主なスペックは、以下の通りです。

本体重量ジンバル:約366g
磁気スマートフォンクランプ:約32g
サイズ(幅 x 高さ x 奥行き
※スマートフォンクランプ含まず
※内蔵三脚の伸長なし
折り畳んだ状態:79.6×162.1×36 mm
展開時:73.6×269.4×69.9 mm
厚み6.9–10 mm
対応スマートフォン幅64–84 mm
対応スマートフォン重量130–300 g
ポートUSB-C
内蔵自撮り棒の長さ215mm
内蔵三脚サイズ伸長時の長さ:80 mm
伸長時の直径:187.6 mm
バッテリー容量2900 mAh
駆動時間10時間
※状態:ジンバルが完全なバランス&平らな面
※室温条件(77°F/25℃)
充電時間2時間(5V/2A)
作動温度-10℃ ~ 40℃
充電温度0°C ~ 40°C
機械可動範囲パン:360度連続回転
ロール:-150度 ~ 180度
ティルト:-100度 ~ 82度
最大制御速度120 度/秒
BluetoothBluetooth 5.0
NFCISO/IEC 14443A規格をサポート

同梱アクセサリー&おすすめアクセサリー

Flow Proには、以下のアクセサリーが同梱します。

  • 磁気スマートフォンクランプ
  • 充電ケーブル
  • グリップカバー
  • 保護ポーチ

また、別売りの関連おすすめアクセサリーは、以下になります。

アクセサリーを駆使して、より快適な撮影を楽しみましょう。

Flow Proのアクセサリーに関しては、こちらの記事をご覧ください。

ガジェットの最新記事