DroneWikiドローン総合情報サイト

Q. Mavic Airのファームウェア更新を『DJI GO 4』アプリでする方法は?

Mavic Airのファームウェア更新を『DJI GO 4』アプリでする方法は以下になります。

  1. Mavic Airのバッテリー残量が50%以上あるか確認します。
  2. Mavic Airとコントローラー(送信機)の電源を入れます。
  3. 『DJI GO 4』アプリを起動します。
  4. 『DJI GO 4』上にMavic Airのファームウェア更新の通知が表示されます。【通知】をタップし、Mavic Airのファームウェアのダウンロード画面に入ります。
  5. 【今すぐパッケージサイズをダウンロードします】をタップし、ダウンロードを開始します。
  6. ファームウェアのアップデートが完了すると【アップデート完了】が表示されます。
  7. コントローラー(送信機)の場合も上記と同じことを繰り返します。
  8. アップデート完了後は、Mavic Airとコントローラー(送信機)を再起動して使用してください。

 

DJIサポートから解説動画も公開されていますので、こちらも参考にしてください。

 

また、パソコンでファームウェアの更新をする場合は、こちらのQ&Aをご覧ください。

 

ファームウェアの更新に失敗する場合

以下のことが原因で、ファームウェアの更新に失敗する場合があります。

 

・バッテリー不足

バッテリー残量50%以上でファームウェアの更新をしてください。

 

・ファームウェアの更新中に電源を切る

ファームウェアの更新中に、Mavic Airと送信機の電源を切ると失敗します。

この場合、再起動&再アップデートを開始してください。

 

・インターネットの切断

ファームウェアの更新中にインターネットが切断すると失敗します。

この場合、再起動&再アップデートを開始してください。

 

・ファームウェアのバージョン不一致

アップデートの失敗が連続する場合、Mavic Airと送信機のファームウェアが一致していない場合があります。

パソコンを使用し『DJI Assistant 2』からMavic Airと送信機のファームウェアを更新してください。

 

 

問題が改善しない場合は、ご購入された店舗、またはメーカーサポートにお問い合わせください。

DJIサポート | 問い合わせページ

https://www.dji.com/jp/support

 

Mavic Airは1年間無料の保険に加入できます。

登録がまだの方は、万が一に備えて登録しておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加