DroneWikiドローン総合情報サイト

Q. DJIドローンを飛ばす際の風速レベルの確認・判断方法は?

風速計を使用

ドローンを飛ばす際は、風速計を使用しましょう。

DJIドローンは、それぞれで耐風性能が異なります。

代表的なMavicシリーズの耐風性能は以下のように設定されています。

ドローンの種類 耐風性能
Mavic Mini 8 m/s
Mavic Air 10 m/s
Mavic 2(Pro/Zoom) 10.7 m/s

 

この『m/s』は風速計を使えば簡単に計測できます

風速計 1,780円

おすすめの風速計については、こちらの記事をご覧ください。

風力レベルの確認法

風速計を使う方法の他に、『DJI GO 4』アプリを使用して風力レベルを確認する方法もあります。

『DJI GO 4』アプリのカメラビュー画面で【姿勢インジケーター】を表示します。

機体が傾き過ぎている場合、アプリから通知が表示されるため、すぐに機体を着陸させてください。

ドローンが上空で受けている風力は、操縦者が受けている風力以上ですので、ご注意ください。

 

姿勢インジケーターとは?

姿勢インジケーターとは、機体の姿勢を可視化するツールです。

機体が正常にホバリングしている場合、姿勢インジケーターの青色部分は球体状の下半分の位置を指します。

機体が傾いた場合、青色の部分も傾く仕様になっています。

 

DJI公式から解説動画も公開されています。こちらも参考にしてください。

 

DJIドローンは1年間無料の保険に加入できます。

万が一の事故に備え、必ず保険には加入しておきましょう。

 

また、2年目からはこちらの保険がおすすめです。

 

上記保険は賠償責任保険であり、ドローンの故障などは補償してくれません。

万が一に備え、機体保険にも加入しておきましょう。