DroneWikiドローン総合情報サイト

Q. DJIドローン飛行中、コントローラー(送信機)とドローンの通信が切れた場合、どうなりますか?

コントローラー(送信機)とドローンの通信が切れた場合、以下の3つの設定の通りにドローンが動きます。

①リターントゥホーム(RTH)

リターントゥホーム(RTH)とは、登録していたホームポイントに自動でドローンが帰還する機能です。

 

②着陸

通信が切れた時点で、ドローンが真下に自動で着陸する機能です。

 

③ホバリング

通信が切れた時点で、バッテリーが切れるまでドローンがその場でホバリングを続けます。

電源が切れそうになると、自動で真下へと着陸します。

 

 

ドローンを飛ばす以上、常に墜落や衝突のリスクがあります。

必ず1年間無料の保険に加入してください。

 

2年目以降は、こちらの保険がおすすめです。

 

また、上記の保険は賠償責任保険であり、ドローンの事故は補償してくれますが、ドローン自体の損傷は補償しません。

DJIドローンはいずれも高価です。万が一に備えて機体保険への加入を推奨いたします。