DJI Mavic 3シリーズのドローンバッテリー適切な保管方法は?寿命を短くさせないコツとは?

DJI Mavic 3シリーズのドローンバッテリー適切な保管方法は?寿命を短くさせないコツとは?

DJI Mavic 3 シリーズ(DJI Mavic 3 Classic / DJI Mavic 3 / DJI Mavic 3 Cine / Mavic 3 Enterpriseシリーズ)のドローンバッテリー「DJI Mavic 3 インテリジェント フライトバッテリー」には、適切な保管方法、寿命を短くしないコツがあるのをご存知でしょうか?

もし、100%充電した状態でバッテリーを保管していたり、バッテリーをすべて使い切ろうと操縦しているのであれば、バッテリーの寿命は確実に短くなっています。

本記事では、Mavic 3のバッテリーを長持ちさせる操縦方法、保管方法、充電方法について解説していきます。また、バッテリーに関するトラブルが起きたときの解決方法についても合わせて解説していきますので、ぜひご覧ください。

created by Rinker
DJI
¥27,719 (2023/02/02 10:32:48時点 Amazon調べ-詳細)

バッテリーの寿命を長持ちさせる保管方法

50%程度の充電状態で保管する

DJI Mavic 3シリーズのバッテリーを保管する際は、50%程度の充電状態で保管するようにしてください。※DJI Mavic 3シリーズのバッテリーは、およそ96分でフル充電状態となります。

仮に100%充電していたとしても、DJI Mavic 3シリーズのバッテリーは自動放電機能を備えているため、10日程で完全放電をします。ドローンのバッテリーを使用する前日に完全充電するようにしましょう。

また、バッテリーの自動放電の際には、バッテリーは熱を持ちますので保管環境によっては危険を伴います。放電による火災などが心配な方は、専用ケースでの保管をすると安心です。

created by Rinker
DJI
¥2,370 (2023/02/02 03:55:00時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アップドラフト
¥431 (2023/02/02 03:55:01時点 Amazon調べ-詳細)

高温・低温・多湿の環境で保管しない

DJI Mavic 3シリーズのバッテリー適切な保管温度は公表されていませんが、今までのDJIのインテリジェントフライトバッテリーの適切な保管温度は22〜28度でした。

バッテリーは、温度が高過ぎる環境では劣化し、また温度が低過ぎる場所でもダメージを受けて劣化していきます。なるべく適切な保管温度を保てる場所で保管するようにしてください。

また、湿度の高い環境でのバッテリーの保管はしないようにしてください。前述の通り、バッテリーには自動放電機能が備わっていますので、漏電して火災の原因になる可能性があります。

長期未使用をしない

DJI Mavic 3シリーズのバッテリーを充電し過ぎるのもよくありませんが、使わな過ぎるのもよくありません。バッテリーの未使用期間が10日以上になる場合、定期的に充電をして放置してください。

この放置されている状態でバッテリーは自動放電を行い、10日程で完全放電状態になります。これが面倒な場合、最低でも3ヶ月に1回は充電をしてください。バッテリーが著しく劣化してしまいます。

バッテリーの寿命を長持ちさせる充電方法

常にフル充電状態にしない

バッテリーのフル充電は過充電になる傾向があります。この過充電は、バッテリーにダメージを与えます。

また、フル充電を意識し過ぎるとバッテリーの充電回数が増える傾向があり、これはバッテリーの寿命を減らす原因にもなります。前述の通り、バッテリーは自動放電も行いますので、ドローンを飛ばす目的以外でのフル充電は必要ありません。

ちなみに、DJI Mavic 3シリーズのバッテリーのフル充電には、およそ96分の時間が必要です。最大フライト時間は46分のドローンですので、予備バッテリーを複数持っておくことをおすすめします。

created by Rinker
DJI
¥27,719 (2023/02/02 10:32:48時点 Amazon調べ-詳細)

バッテリー充電ハブでは、同時に3つのバッテリーを充電できます。バッテリーが複数あれば購入しましょう。

created by Rinker
DJI
¥9,900 (2023/02/02 19:28:25時点 Amazon調べ-詳細)

バッテリーの寿命を長持ちさせる操縦方法

急発進・急浮上・急停止しない

バッテリーにダメージを与える要因のひとつに、急激な負荷があります。急激な負荷には、急発進・急浮上、急停止が挙げられます。

DJI Mavic 3シリーズをホバリング状態から、いきなり急発進・急上昇するのに負荷がかかることは、簡単に想像できます。

また、進行中のドローンのスティックを急に離す急停止は、一時的にプロペラの回転数を上げる必要があるため、急な負荷がかかります。
ドローンを止める際には、なるべくスティックをゆっくり戻す、バッテリーに優しい停止を心掛けましょう。

バッテリーをギリギリまで使わない

バッテリーをギリギリまで使用すると放電深度が深くなります。

バッテリーのような何度も充電して使用する電池は、サイクル寿命が放電深度に強く依存しており、浅い放電深度で使用したほうが寿命が長くなります。可能であれば、バッテリー残量30%くらいで使用を控えましょう。

その為、予備バッテリー複数持っておくことをおすすめします。

created by Rinker
DJI
¥27,719 (2023/02/02 10:32:48時点 Amazon調べ-詳細)

バッテリーに関するトラブル・エラー

前提として、DJI Mavic 3シリーズをはじめとするDJIドローンのバッテリーには保証期間があります。

バッテリー保証期間は、製品受取り後12ヵ月以内かつ充電回数200回以下です。

バッテリーに問題が生じた場合、DJIのサポートにお問い合わせください。
DJIサポート | 問い合わせページ

「DJI Mavic 3」のおすすめアクセサリーに関しては、こちらの記事をご覧ください。

「DJI Mavic 3 Classic」のおすすめアクセサリーに関しては、こちらの記事をご覧ください。

空撮ドローンの最新記事