大阪・関西万博に向け、SkyDriveと関西電力が「空飛ぶクルマ」の充電設備を共同開発

大阪・関西万博に向け、SkyDriveと関西電力が「空飛ぶクルマ」の充電設備を共同開発

2023年11月7日、「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発する株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市、代表取締役CEO:福澤 知浩、以下:SkyDrive)は、関西電力株式会社(本社:大阪府大阪市、取締役代表執行役社長:森 望、以下:関西電力)との、大阪・関西万博を機に運用を開始する「空飛ぶクルマ」の充電設備の共同開発について発表しました。

created by Rinker
¥2,089 (2024/05/28 14:02:24時点 Amazon調べ-詳細)

※1 空飛ぶクルマとは、電動化、自動化といった航空技術や垂直離着陸などの運航形態によって実現される、利用しやすく持続可能な次世代の空の移動手段です。諸外国では、Advanced Air Mobility(AAM)や Urban Air Mobility(UAM)と呼ばれています。

SkyDriveは「100年に一度のモビリティ革命を牽引する」をミッションに、「日常の移動に空を活用する」未来を実現するべく、2025年に開催される日本国際博覧会(大阪・関西万博)での運航に向けて、空飛ぶクルマ「SKYDRIVE」の開発を推進しています。

関西電力は空飛ぶクルマの充電インフラ事業への参入を見据えて、空飛ぶクルマ用充電設備の開発や離発着場(ポート)への電力インフラ導入サポート検討を進めています。

2022年に関西電力と資本業務提携契約を締結し、「電動」の空飛ぶクルマ実用化に欠かせない最適な充電設備の研究、開発を共同で実施してまいりました。本充電設備は高電圧・大電流で超急速充電が可能なため、待機時間が短縮でき、効率的且つ収益性の高い運航が可能となることに加えて、将来的にグローバル市場での運航を見据えた汎用性も兼ね備えています。

今後について

本充電設備は、本年度中に飛行試験場に設置する予定です。その後、大阪・関西万博での運航に向けて夢洲の離着陸ポートに設置し運用していくとのことです。SkyDriveは今後とも関西電力と協力し、空飛ぶクルマの具体的な社会実装を推進していくとのことです。

出典:SkyDrive「大阪・関西万博に向けて、関西電力と「空飛ぶクルマ」の 充電設備を共同開発

ニュースの最新記事