14歳のドローン少年、最年少ドローン地図製作者としてギネス記録保持者に

14歳のドローン少年、最年少ドローン地図製作者としてギネス記録保持者に

2020年10月6日、アメリカ合衆国カリフォルニア州に住む14歳の少年Nathan Lu(ネイサン・ルー)氏は、最年少のドローン地図製作者として、ギネス記録保持者となりました。

Nathan Lu氏は、11歳の頃にドローンを使って写真を撮り始めました。そして、14歳で近所にあるビーチの写真をマッピングプラットフォーム「Soar」に投稿しました。この14歳202日でドローン地図製作者なったという記録が、ギネスに認められることとなりました。

Nathan Lu氏は、自身で改造を施したオリジナルのDJIドローン「Mavic Air」を使用しています。現在では、この「Mavic Air」を使用して1,048枚の写真をプラットフォームにアップしています。

Nathan Lu氏は、マッピングを始めるのに最高のドローン、最高のアクセサリーなどの周辺機器は必要ないと考えており、興味があるのであればすぐに始めるべきだと言います。また、ドローンは安全に気をつける事が重要であり、毎回離陸前には「DJI Air Sense」をチェックするとのことです。

created by Rinker
DJI
¥132,000 (2021/12/04 08:37:43時点 Amazon調べ-詳細)

また、Nathan Lu氏は次のように述べています。

「私の住むカリフォルニアは、非常に多様な地形であり多くの発見がありました。ドローンを使って地球を日常とは違った角度で見ることは、とても面白いです。ドローンで航空写真を撮ること自体は家を撮影するの同様簡単なため、ドローンがいかに特別なのかを理解できました。」

出典元:Guinness World Records「Young drone cartographer puts record-breaking on the map

ニュースの最新記事