【2023年】最新「iPad(第10世代)」の人気おすすめカバー10選

【2023年】最新「iPad(第10世代)」の人気おすすめカバー10選

人気で便利なタブレット「iPad(第10世代)」、非常に優れた製品ではありますが衝撃には弱くカバー(ケース)は必須です。

本記事では、人気なおすすめのカバー・ケースを10種類解説していきます。
手帳型のカバー、背面だけのカバー、キーボード一体型のカバーやスリーブなど、様々なiPadカバーを解説します。購入を検討中の方は、ぜひご覧ください。

※現在「iPad」には第1世代〜第10世代が発売されていますが、こちらは紹介するカバーは2022年に発売された第10世代を対象としています。iPadのモデル識別に関しては、こちらをご覧ください。
iPad のモデルを識別する | Apple Store 公式

また、タブレットアームに関しては、こちらの記事をご覧ください。

「iPad 10」カバー・ケースの選び方

種類で選ぶ

一言に「カバー」「ケース」と言っても、iPadには様々な種類があります。

手帳型ケース

一番ポピュラーなケースが、「手帳型ケース」です。
手帳型ケースはApple公式ストアも取り扱っているスタンダードなケースであり、タブレットの保護性能に優れています。

また、保護性能に優れているだけでなく、スタンドとしても使用できるため、動画などのコンテンツを閲覧するのにもおすすめです。
ケースの種類も豊富にあるため、自分好みのカラー、デザインが見つかるという特徴もあります。

背面カバー型

背面カバー型」のケースは、その名の通り背面に取り付けるタイプのカバーです。

手帳型のケースとは異なり、すぐにタブレットの画面を確認できる特徴があります。

背面をカバーするだけのシンプルなものから、背面にスタンドが付いているデザインなど様々な種類があります。

バンパーケース

iPhoneケースで人気のある「バンパーケース」は、iPadバージョンも販売されています。バンパーケースは、端末の周囲を安全に保護してくれます。

バンパーケースには、側面のみのタイプと背面にプラスチックを入れるタイプの2種類があります。
背面カバー型と同様に、すぐにタブレットの画面を確認できるという特徴があります。

スリーブケース

スリーブケース」は、iPadに取り付けるのではなく、iPadを収納する布製または革製のケースです。

持ち運ぶに適しており、ビジネス向けにも使用できるスマートなデザインのものが多いです。
ただし、使用中のiPad自体を守ってくれるわけではないため、他のケースと併用するのがいいでしょう。

キーボード一体型ケース

キーボード一体型ケース」は、ケースとキーボードが一体化したケースです。
iPadをノートパソコンのように使用でき、作業の幅が大きく広がります。

「キーボード一体型ケース」には、キーボードが取り外せるもの、Bluetoothで繋がるものなどがあります。

素材で選ぶ

iPadケースには、前述の通り様々な種類がありますが、その素材も様々なです。

高級感があり手触りのいいレザー、衝撃に強いシリコン、手帳型ケースに多く採用されているポリウレタン、独特の手触りのするカーボン、安価な価格のポリカーボネート、強度と柔軟性に優れたTPUなどがあります。自分好みの素材でケースを選びましょう。

収納性や+αの性能を確認

最後に、iPadのケースを選ぶ際は保護性能だけでなく「+αの性能」を確認しておきましょう。
例えば、ケースに収納性がある、オートスリープ機能がある、スタンド付きであるなどです。

iPadはキーボードやApple Pencilなどを使用することができます。iPadと一緒にこれらの製品を持ち運びたい方も多いでしょう。そうなると、ケースの持つ収納性も重要になってきます。

また、画面にケースをつけるだけで自動で画面をオフにしてくれるオートスリープ機能は、電源ボタンを押す手間を省いてくれます。

さらに、ケースにスタンドが付いていればipadを持たずに作業や動画の閲覧が可能になります。収納できるスタンドはあるに越したことはありません。

【手帳型】人気のスタンダードタイプ

スタンダードな「手帳型」のカバーは、表のカバーが3つ折りになっており、これを巻くことでスタンドとしても使用できます。

こちらは、インナー素材には柔軟なマイクロファイバー製が採用されており、端末が摩擦によって傷付くのを防ぎます。
マグネットによる着装設計となっており、ケースを装着したまま電源ボタン、音量ボタン、写真を撮る、充電等すべての機能にアクセスできます。

5種類のカラーバリエーションがあります(商品クリックで他の色も閲覧可能)。

【手帳型】Apple Pencil収納可能なスタンダードモデル

同じくスタンダードな「手帳型」のカバーですが、こちらはApple Pencilを収納可能です。
表のカバーが3つ折りになっており、これを巻くことでスタンドとしても使用できます。

Apple Pencilを使用する方にはこちらがおすすめです。

4種類のカラーバリエーションがあります(商品クリックで他の色も閲覧可能)。

【手帳型】おしゃれでかわいい!クールデザイン

前述の通り、一番ポピュラーな「手帳型」のケース・カバーには多数の種類があります。
その中でも、デザイン性に優れた個性的な配色、絵柄、模様のケースを紹介します。

どれも他のiPadと一線を画した、自分好みのデザインで使用できます。

多種多様なデザインのバリエーションがあります(商品クリックで他の色も閲覧可能)。

【背面カバー型】人気のスタンダードタイプ

背面カバー型」もシンプルで人気のあるスタンダードなカバーです。
背面だけのカバーのため、すぐにデバイスにアクセスできます。

半透明のポリカーボネートは、衝撃に強く、軽量かつ耐久性を実現しています。
また、背面のAppleロゴがケース上からも確認でき、指紋や汚れなどを防ぎます。

2種類のカラーバリエーションがあります(商品クリックで他の色も閲覧可能)。

【背面カバー型】多機能で持ち運びにも最適

多機能で持ち運びにも優れた「背面カバー型」のiPadカバーもあります。
360度回転のスタンドはあらゆる場所でiPadを快適に使うサポートをし、持ち運びにも使用できます。

持ち運びを前提に作られているため、他のiPadカバーよりも頑丈であり、万が一落としても安心です。

3種類のカラーバリエーションがあります(商品クリックで他の色も閲覧可能)。

【バンパーケース】人気のスタンダードタイプ

この「バンパーケース」は、シンプルで人気なスタンダードなタイプです。
手帳型のように表のカバーをめくることなく、すぐにデバイスにアクセスできます。

超薄型・超軽量の高級感の溢れる透明なデザインとなっており、自宅での活用、持ち運びにも優れています。上質な耐衝撃のTPU素材を採用しており、デバイスの周辺を的確に保護、汚れ、衝撃、擦り傷を有効的に防止できます。

2種類のカラーバリエーションがあります(商品クリックで他の色も閲覧可能)。

【スリーブケース】収納性に優れた多機能

この「スリーブケース」はiPadを収納できるだけでなく、アクセサリーの保管や持ち運びにも最適なケースです。
収納性にも優れており「Apple Pencil」「Lightning充電ケーブル」「イヤホン」などの周辺機器を収納できます。

柔らかく伸縮性のあるウェットスーツ素材でできており、タブレットを優しくしっかりと包んで守ってくれます。

4種類のカラーバリエーションがあります(商品クリックで他の色も閲覧可能)。

【スリーブケース】ビジネス利用できるシンプルデザイン

日本のカメラ周辺機器ブランドHAKUBA(バクバ)の「スリーブケース」は、iPadシリーズを綺麗に収納できるデザイン性に優れた製品です。

持つ人を選ばない、無駄を省いたシンプルなデザインであり、手触りの良いフェルト素材がタブレットを傷や汚れからやさしく保護します。
マグネット留めのベルトにはキャメルカラーの本革を採用、シンプルなデザインのアクセントにもなっています。

3種類のカラーバリエーションがあります(商品クリックで他の色も閲覧可能)。

【キーボード型】人気のスタンダードタイプ

この「キーボード型一体型のケース」は、iPadでキーボードを利用する方に最適なケースです。

キーボードは着脱式であり、必要に合わせて取り外せます。また、キーボードにはタッチパッドも付いており、マウスの必要はありません。

加えて、2つのデバイスと接続できるマルチペアリング機能も搭載、接続の不自由さもありません。

【キーボード型】Apple Pencilも収納可能

この「キーボード型一体型のケース」は、Apple Pencilも収納できるケースです。

キーボードは7色のバックライトに対応しており、暗い場所でも明るいキーボードを使用できます。また、傾斜角度の調整もできるため、自分の使いやすい角度で作業が可能です。

3種類のカラーバリエーションがあります(商品クリックで他の色も閲覧可能)。

ガジェットの最新記事