世界で最も細長い都市、中国雲南省のとある街のドローン映像

世界で最も細長い都市、中国雲南省のとある街のドローン映像

中国の南西部に位置する雲南省の塩津県(英表記:Yanjin county、日本語読み:えんしん-けん)は、世界で最も細長い都市と言われています。

およそ30メートルから300メートルの幅のあるGuanhe River(関河)を中央に、両サイドに広大な山を背にした街ができています。世界でも稀なこの場所は、世界中のドローンパイロットの撮影スポットになっています。

塩津県は、45万人が暮らす地域であり、主な輸出品はタバコとセメントです。そして想像通り、洪水に見舞われやすい場所になります。そのため、多くの建物はコンクリートの支柱の上に建てられています。加えて、街を結ぶ橋がとても少ないという特徴があります。

機会があれば、世界で最も細長い都市塩津県(英表記:Yanjin county、日本語読み:えんしん-けん)をドローンで撮影してみると面白いかもしれません。

その他、世界中のドローン映像に関しては、以下の記事をご覧ください。

書籍・動画・SNSの最新記事