DroneWikiドローン総合情報サイト

Q. DroneBlocksは日本語に対応していますか?無料でプログラミングができますか?

いいえ、DroneBlocksは日本語に対応していません。

英語のみになります。

 

しかし、スマートフォン・タブレット、パソコンでもアプリをインストールするだけで簡単にはじめられるプログラミングアプリです。

プログラミングを学んでいく以上、英語の知識や読解力はどうしても必要になります。

この機会にプログラミングを英語で慣れ親しみたい、そんな方にDroneBlocksはおすすめです。

DroneBlocks 公式サイト
https://www.droneblocks.io/

DroneBlocks ※無料ダウンロード
App Store(iOS)
Google Play(Android)
chrome web store(PC)

 

日本語対応 Telloプログラミングアプリ

Telloのプログラミングアプリで、無料かつ日本語に対応しているものは以下になります。

 

TELLO EDU

Tello公式のプログラミングアプリです。

スマートフォン・タブレットでアプリをダウンロードするだけで使用できます。

App Store | ダウンロード

Google Play | ダウンロード

 

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

 

Scratch

Telloの公式サイトでも紹介されている、初心者向けプログラミングサービスです。

パソコンでしか使用できず、初期設定は多少難しいですが、ひらがなにも対応しています。

Scratch 公式サイト
https://scratch.mit.edu/
※ページ下部の言語設定で日本語表示に切り替えられます。

 

また、Scratchは書籍も発売されています。

Scratchでトイドローンをプログラミングして飛ばそう! 2,090円