Q.

Sparkの離陸操作の種類と方法は?

  • 2019.07.23
  • 2021.06.04

Sparkの離陸操作の種類と方法は3つあります。

  1. 「DJI GO 4」アプリを使用した自動離陸
  2. コントローラー(送信機)を利用した手動離陸
  3. パーム離陸

それぞれの離陸方法は以下の通りです。

「DJI GO 4」アプリを使用した自動離陸

アプリを利用した自動離陸の方法は以下になります。

  1. 機体ステータス一覧を開き、フライト前チェックをします。
  2. 自動離陸アイコンをタップし、画面上の注意事項を確認し、スライダーを右にスライドします。
  3. Sparkは自動離陸をし、高度1.2mの位置でホバリングをします。

コントローラー(送信機)を利用した手動離陸

コントローラー(送信機)を利用した手動離陸の方法は以下になります。

  1. 左右のスティックを外側(内側)の斜め下方向に倒します。
  2. Sparkは飛行を開始し、ホバリングをします。

パーム離陸

パーム離陸の方法は以下になります。

  1. 「DJI GO 4」アプリを起動、ビジュアルナビゲーションシステム設定画面内で、【ジェスチャーコントロールを有効にする】をONにします。
  2. Sparkの電源を入れ、機首が顔の方を向くように持ちます。
  3. LEDランプが緑色にゆっくり点滅するまで待ちます。
  4. フロントLEDランプが赤色に点灯しているか確認します。
  5. バッテリー上の電源ボタンを2回押すと、フロントLEDが黄色にゆっくり点滅し、顔認識が開始されます。
  6. 顔認識が完了するとSparkはビープ音を発し、フロントLEDが緑色に点灯、モーターが起動します。
  7. モーター起動後、フロントLEDランプが赤色に点灯していることを確認したら、手を離すとSparkは離陸高度でホバリングします。

DJI公式から解説動画が公開されています。参考にしてください。

DJIドローンは1年間無料の保険に加入できます。

万が一に備え、必ず保険に加入しましょう。

2年目からはこちらの保険がおすすめです。

上記保険は賠償責任保険であり、ドローンの故障は補償してくれません。

万が一に備え、機体保険にも加入しておきましょう。

の最新記事