DroneWikiドローン総合情報サイト

Q. Sparkの電源ボタンの機能には何がありますか?

Sparkの電源ボタンには6つの機能があります。

 

①バッテリーのオン/オフ

電源ボタンを1回押し、もう1回押してから最低でも2秒間長押しすると、バッテリーがオン/オフされます。

 

②バッテリー残量の確認

電源ボタンを1回押すと、バッテリーの残量を確認できます。

 

③Sparkと送信機のリンク

  1. Sparkの電源ボタンを3秒長押しし、ビープ音が聞こえたらボタンを離します。
  2. フロントLEDランプが赤色で点滅すると、Sparkとコントローラー(送信機)がリンク完了です。

 

④Sparkと送信機のリンクの解除

コントローラー(送信機)ではなく、スマートフォン・タブレットを使用する場合、機体とコントローラー(送信機のリンクを外す必要があります。

  1. Sparkの電源を入れ、2回ビープ音が聞こえるまでSparkの電源ボタンを6秒間長押しします。
  2. Sparkと送信機のリンクが外れ、スマートフォン・タブレットでSparkのWi-Fiを探せます。

 

⑤Wi-Fiのユーザー名とパスワードのリセット

  1. 電源ボタンを9秒間長押しします。
  2. ビープ音が3回聞こえたら、ボタンを離します。
  3. Wi-Fi設定が、工場出荷状態になります。

 

⑥PalmLaunch(パーム離陸)

  1. Sparkのカメラが自分に向くよう、手のひらの上に置き、電源を入れます。
  2. LEDランプが緑色に点滅したら、電源ボタンを2回押します。
  3. LEDランプがゆっくりとした黄色の点滅へと変わり、FaceAware(顔認識)があなたの顔を認識します。
  4. LEDランプが緑色に点灯したら、認識は成功です。
  5. PalmLaunch(パーム離陸)がアクティベート完了です。
    ※PalmLaunch(パーム離陸)がアクティベートされなかった場合は、LEDランプが赤色で点滅します。

 

 

Sparkは1年間無料の保険に加入できます。

万が一に備え、必ず保険には加入しておきましょう。

 

2年目以降は、こちらの保険(年間保険料5,000円)がおすすめです。