DroneWikiドローン総合情報サイト

Q. Sparkのコントローラー(送信機)のファームウェアの更新方法は?

Sparkの送信機(コントローラー)のファームウェアの更新(アップデート/グレード)は『DJI GO 4』のアプリの更新で完了します。

ファームウェアの更新方法は以下になります。

  1. 送信機のバッテリー残量が30%以上であるか確認し、電源を入れます。
  2. スマートフォンと送信機をWi-Fiで接続します。
  3. 『DJI GO 4』アプリを開くと【ファームウェアを更新出来ます!】と表示されるので、【今すぐ更新して下さい】をタップします。
  4. スマートフォンと送信機のWi-Fi接続を解除し、インターネットにアクセス可能なWi-Fiに接続します。
  5. 再度『DJI GO 4』アプリを開き、【今すぐパッケージサイズをダウンロードします。】をタップします。
  6. ダウンロード完了後、再度Wi-Fiに接続します。
  7. 再度『DJI GO 4』アプリを開くとアップグレードが自動で開始されます。
    ※アップグレードは約3分です。

 

DJI公式から解説動画も公開されています。参考にしてください。

 

ファームウェアアップデートができない場合

コントローラー(送信機)のファームウェアの更新(アップデート)ができない場合、ご購入された店舗、またはメーカーサポートにお問い合わせください。

DJIサポート | 問い合わせページ

https://www.dji.com/jp/support

 

また、ドローンを飛ばす以上、常に墜落のリスクはあります。

必ず1年間無料の保険には加入しておきましょう。

 

2年目以降は、こちらの保険(年間保険料5,000円)がおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加