「Phantom4 RTK」ファームウェアアップデートのお知らせ(v02.02.0503)

「Phantom4 RTK」ファームウェアアップデートのお知らせ(v02.02.0503)

2020年7月21日、DJI「Phantom4 RTK」のアップデートがありました。

最新バージョンは以下の通りです。

  • Phantom4 RTK:v02.02.0503
  • Phantom 4 RTK 送信機:v02.02.0505
  • Phantom 4 RTK(SDK)送信機:v02.02.0503

ファームウェアのアップデート内容

今回のDJI「Phantom4 RTK」のファームウェアのアップデート内容は、以下の通りです。

1. 高度可変飛行帯の追加

送電線マッピングなどに使用できる高度調整機能が追加されました。

 

2. 傾斜飛行経路の追加

任意の場所のマッピング、法面マッピング、構造物側面マッピングなどに使用できる傾斜飛行経路機能が追加されました。

 

3. Maintain Positioning Accuracy Modeの追加

Phantom 4 RTKとの接続が途絶した場合でも約10分間精度を保てるようになりました。ただし、時間経過に伴い精度は徐々に低下するのでお気を付けください。

 

4. その他の改善・追加

  • DJI GS RTKアプリにD-RTK2の座標を記録する機能が追加
  • 標高表示の最適化
  • DSMファイルとKMLファイルをインポートする際、KML範囲外と表示されてしまう問題の修正

 

アップグレードの方法に関しては、こちらのDJI公式動画をご覧ください。

 

現在、Phantom4 RTKにオススメなSandiskのmicroSDカードがAmazonでお得となっています。

出典元:Phantom4 RTKリリースノート(英語版).pdf

ニュースの最新記事