DroneWikiドローン総合情報サイト

【2019年】海外でのドローン事故にも適用される保険を徹底比較

2019.05.13

DroneWikiでは、これまでドローンの賠償責任保険機体保険をいくつか解説してきました。
今回は、海外でのドローン事故にも適用される保険に絞り、比較&解説していきます。海外で空撮したい方、必見です!

ドローンの事故と保険の種類

まず、ドローンの事故の種類、保険に種類について解説します。
想定されるドローン事故は、大きく分けて4種類あります。

  1. 対人事故
  2. 対物事故
  3. 人権侵害
  4. 機体の故障・盗難

 

そして、その事故をカバーする保険は2種類あります。
賠償責任保険』と『機体保険』の2種類で、上記事故を以下のようにカバーします。

事故の種類 事故の内容例 カバーする保険
対人事故 ドローンが人に衝突し、怪我を負わせる。 賠償責任保険
対物事故 ドローンが公共物や他人の所有物に衝突、損害を与える。 賠償責任保険
人権侵害 ドローンで撮影した映像をSNSにアップ、映像内に他人が映っており、プライバシー問題で訴えられる。 賠償責任保険
機体の故障・盗難 ドローンが墜落して壊れたり、盗難に遭う。  機体保険

 

つまり、確実に必要な保険は『賠償責任保険』です。
例えば日本では、自転車事故で1億円の賠償金の支払いを裁判所が命じる事件がありました。
ドローンが人を傷つけた時、賠償金の支払いは確実に必要になります。
万が一に備え、賠償責任保険には必ず加入しましょう。

また、機体保険も加入しておくに越したことはありません。
ドローンは高価な商品ですが、その反面壊れ易い商品でもあります。
万が一壊れた時を想定し、保険に加入しておくと安心です。

 

海外でも適用されるドローンの賠償責任保険

DJI賠償責任保険

エアロエントリー株式会社が、DJIドローン購入者を対象に提供している保険です。
引受保険会社は三井住友海上火災保険株式会社です。
保険のグレードを上げることで、補償金額が大きくなります。

年間保険料26,880円で5億円の補償、年間保険料34,440円で10億円の補償まで限度額を引き上げ可能です。

年間保険料 16,800円
保険の対象 本人以外も適用
補償金額 1億円
示談交渉サービス あり
備考 DJIドローンのみ加入可能

詳細は以下の記事をご覧ください。

 

ドローン保険

株式会社グッド保険サービスが提供している、賠償責任保険と機体保険がセットになったドローン保険です。
引受保険会社があいおいニッセイ同和損保株式会社です。

1万円で両方を補償してくれるコストパフォーマンスの良い保険です。機体保険の内容については後述します。

年間保険料 10,000円
保険の対象 本人
補償金額 1億円
示談交渉サービス あり
備考 機体保険もセット/全てのドローンに対応

詳細は以下の記事をご覧ください。

 

海外でも適用されるドローンの機体保険

DJI機体保険

DJI賠償責任保険と同じく、エアロエントリー株式会社がDJIドローン購入者を対象に提供している保険です。
セットの保険ではありません。ドローンが故障・破損した費用、捜索や回収にかかった費用などを補償してくれます。

年間保険料はドローンの種類によって異なります

機種 年間費用(推定)
Spark ¥8,768
Phantom 4 Pro ¥27,720
Mavic Air ¥15,600
Mavic 2 Pro ¥29,100
Mavic 2 Zoom ¥24,300

詳細は以下の記事をご覧ください。

 

ドローン保険

賠償責任保険のページで解説した、株式会社グッド保険サービスが提供しているドローン保険です。
賠償責任保険と機体保険がセットになったコストパフォーマンスの良い保険ですが、ドローンに使える補償金額は10万円が上限です。10万円を超えるドローンが多い為、全てを保険では賄えないでしょう。

機種 年間費用
ドローン全般 ¥10,000
備考 賠償責任保険もセット

詳細は以下の記事をご覧ください。

 

ドローンの海外適用保険を比較

エアロエントリー株式会社が提供している『DJI賠償責任保険』『DJI機体保険』と、株式会社グッド保険サービスが提供しているドローン保険を表で比較すると以下のようになります。

DJI賠償責任保険 DJI機体保険 ドローン保険
年間保険料 16,800円 機体により異なる 10,000円
補償の対象 本人+本人以外 対象ドローン 本人
対象ドローン DJI製品 DJI製品 指定無し
賠償金補償額 1億円 1億円
機体補償額 機体により異なる 10万円

 

DJI賠償責任保険は、本人以外の操縦の事故でも保険が適用されるのが強みでしょう。また、年間保険料を上げれば補償金額も上がります。フレキシブルに保険を設定できるのも強みです。

DJI機体保険は、表では分かりませんが、専門の機体保険とだけあり、その補償の広さは幅広いです。例えば、ドローン紛失時の捜索費用や、代機ドローン利用時の費用も補償してくれます。

ドローン保険は、コストパフォーマンスを考慮すると最高の保険でしょう。もちろん、機体補償額の限度が10万円であったり物足りない部分もあります。しかし、これひとつで賠償責任保険と機体保険を賄えるのは非常に強力です。

 

ドローンの海外保険の選び方

以上、海外の事故にも適用されるドローン保険について解説してきました。
ドローンを飛ばす際は、法律やルールを守り、安全に気を付け、保険に加入した上で楽しむようにしましょう!

 

手厚い賠償責任保険に加入したい方

この方は、エアロエントリー株式会社の提供している、DJI賠償責任保険に加入しましょう。
対象ドローンはDJI製品のみですが、本人以外のドローン事故にも対応してくれ、その補償の広さは魅力的です。

問合せ先:三井住友海上 事故受付センター
申し込みページ:DJI賠償責任保険
電話番号:0120-258-189
営業時間:365日 24時間

 

手厚い機体保険に加入したい方

この方は、エアロエントリー株式会社の提供している、DJI機体保険に加入しましょう。
対象ドローンはDJI製品のみですが、専門の機体保険とだけあり、その補償の広さは魅力的です。

問合せ先:三井住友海上 事故受付センター
申し込みページ:DJI機体保険
電話番号:0120-258-189
営業時間:365日 24時間

 

賠償責任保険と機体保険がセットになったお得な保険に加入したい方

この方は、株式会社グッド保険サービスが提供しているドローン保険に加入しましょう。
この保険に加入すれば、ドローンが単独で事故した場合も保険を利用できます。

問合せ先株式会社グッド保険サービス
申し込みページ:ドローン保険(個人向け)
電話:0120-77-8160
営業時間:平日9:30-17:30