航空市場向けに高解像度の強風リスクと瞬間風速予測を提供開始

航空市場向けに高解像度の強風リスクと瞬間風速予測を提供開始

2022年3月22日、株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁、以下:ウェザーニューズ)は、2021年4月以降全国の航空事業者で導入が進む航空気象サービス「FOSTER-GO」をバージョンアップし、新たに250mメッシュの高解像度の「強風リスク」と約1000地点の「瞬間風速」、2種類の風予測を追加しました。

「強風リスク」では、上空150mまでの風向・風速を高度10m単位、250mメッシュの細かさで予測し、専用ウェブサイトのマップ上に「安全」「注意」「危険」の3段階で表示します。また、「瞬間風速」では全国約1000地点におけるピンポイントな瞬間風速を1時間ごと48時間先までグラフで確認できます。今回、航空事業者からの高いニーズを確認し、航空市場向けに瞬間風速の予測の提供を開始します。これにより、運航管理者は運航に影響があるエリアや突風の可能性を一目で把握することができます。

2022年12月頃には有人エリアにおけるドローンの目視外飛行が可能なレベル4の解禁が予定されており、企業もドローン宅配の実証実験を数多く実施するなど実用化が進んでいます。一方で、ドローンが強風に煽られて墜落するなどの事故も報告されており、気象リスクへの対策が求められています。「FOSTER-GO」で新たに提供する2種類の風予測が、ヘリコプターと同じ低高度を飛行するドローンにとっても有効な情報であることから、ウェザーニューズはサービスをドローン市場向けに拡張し、ドローン向け運航管理支援サービスを開始しました。

今後は、ライブカメラや独自観測機などの観測網を充実させるとともに、全ドクターヘリの運航可否判断を支援しているノウハウを活かし、ナビゲーション機能の開発も進めていくとのことです。

航空気象サービス「FOSTER-GO」安全運航の強化へ

「FOSTER-GO」は、ヘリコプターに特化した気象情報を提供するサービスで、2021年4月に運用を開始してから、全国のドクターヘリや消防、警察や自衛隊のヘリコプターで導入が進んでいます。「FOSTER-GO」の専用ウェブサイトでは、風向・風速・天気・視程・雲低高度の予測や、観測データ、ライブカメラなど、様々な気象情報を閲覧することができます。活用方法の一例として、「峠の視程が悪い場合はヘリコプターの飛行ルートを変更する」、「目的地の天候が悪天で着陸できない場合は、フライトを中止する」など、運航管理者やパイロットがフライトプランを作成・承認する際に活用されています。

これまで「FOSTER-GO」で提供していた風のデータは、空港や代表的なヘリポートにおける3時間ごとの予測でしたが、この度、250mメッシュの高解像度の「強風リスク」と約1000地点の「瞬間風速」の2種類の風予測を追加し、「FOSTER-GO」をバージョンアップしました。

「強風リスク」では、250mメッシュの細かさで、上空150mまでの風向・風速を高度10mごとに8時間先まで提供します。また、風速によって強風リスクを「安全」「注意」「危険」の3段階で表示するため、風に流されるリスクがあるエリアを一目で把握することができます。

250mメッシュの風向風速の予測を詳細に確認でき、上空150mまで10mごとに高度を変えて見ることも可能

航空市場向けにAIを活用した瞬間風速の予測も提供

ウェザーニューズは250mメッシュの「強風リスク」に加えて、「瞬間風速」の予測の提供も開始しました。「FOSTER-GO」の専用ウェブサイトでは、全国約1000地点のピンポイント予測を1時間ごとに48時間先まで、グラフで確認することができます。

一般的に風速は10分間の平均値で表現され、平均風速と瞬間風速は1.5~2倍ほどの差があると言われています。また、平均風速と瞬間風速の間には一定の関係性がないため、予測が難しいとされています。ウェザーニューズでは、AIを用いて独自に開発した瞬間風速の予測モデルを活用し、突風のリスクをより正確に把握することができます。

ドローン市場向けにサービスを開始、運航管理を支援

今年12月頃には有人エリアにおけるドローンの目視外飛行が可能なレベル4の解禁が予定されており、企業もドローン宅配の実証実験を数多く実施するなどドローンの実用化が進んでいます。一方で、ドローンが強風に煽られて墜落するなどの事故も報告されており、気象リスクへの対策が求められています。

「FOSTER-GO」で提供される新たな風予測は、ヘリコプターと同じ低高度を飛行するドローンにとっても有効な情報であることから、ドローン市場向けにサービスを拡張し、ウェザーニューズはドローン向け運航管理支援サービスを開始しました。本サービスは、ドローンの最適なルート選定に活用することができ、安全運航の実現をサポートします。また、「FOSTER-GO」の専用ウェブサイトはマルチデバイスに対応しており、パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレット端末で場所を問わずに閲覧が可能で、パイロットを身近でサポートします。

 今後は、ライブカメラや独自の高性能気象IoTセンサー「ソラテナ」、気象レーダーなど、実況データの把握につながるインフラの設置を進め安全運航の支援を強化していきます。また、全国のドクターヘリにおける運航可否判断をサポートしているノウハウを活かし、ドローンのナビゲーション機能の開発も行っていきます。

ウェザーニューズが竹芝での実証実験において、気象IoTセンサー「ソラテナ」で風を観測する様子

出典:株式会社ウェザーニューズ「ヘリコプターやドローンの安全運航支援を強化 航空市場向けに高解像度の強風リスクと瞬間風速予測を提供開始〜250mメッシュ、高度10m単位の風向・風速と1000地点の瞬間風速を予測〜

ニュースの最新記事