株式会社プロドローン、市街地でドローン線路点検の実験実施

株式会社プロドローン、市街地でドローン線路点検の実験実施

2021年11月19日、株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、2021年11月17日に名古屋鉄道株式会社、KDDI株式会社、中日本航空株式会社とともに、愛知県名古屋市で災害時を想定したドローンによる線路点検(以下:本実験)を名鉄築港線で行ったことを発表しました。

市街地に線路点検をドローンで行うことは初の試みとなります。本実験では、名鉄築港線の大江駅から東名古屋港駅間の線路(約1.3キロ)を10分程度で往復しました。

点検は災害時を想定してドローンを2回飛行し、1度目は離陸から着陸まですべて自動航行で飛行しました。2度目の飛行は、1度目の飛行で見つけた障害物までを自動航行したあと、手動に切り替え、係員の指示に従って障害物の点検を行いました。

市街地での線路点検をドローンで行うことは、初の試みです。本実験では、名鉄築港線の大江駅から東名古屋港駅間の線路(約1.3キロ)を10分程度で往復しました。点検は、1度目に全ての航路を自動航行させて障害物を確認し、2度目に自動航行と手動の操作を組み合わせ、発見した障害物の精査を行いました。

これまで、災害発生後は試運転車両や係員による目視で線路の状態を点検していましたが、こうした初動確認作業にドローンを活用できるようになれば、より迅速な対応が可能になることが期待できます。

PRODRONEは、今後も社会問題を解決するドローンの開発を進めていくとのことです。

出典:株式会社プロドローン「市街地でドローン線路点検の実験を実施

ニュースの最新記事