SkyDrive、EYストラテジー・アンド・コンサルティングとサポーター契約締結

SkyDrive、EYストラテジー・アンド・コンサルティングとサポーター契約締結

2021年9月30日、「空飛ぶクルマ」(※1)および「物流ドローン」を開発する株式会社SkyDrive(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:福澤 知浩、以下:SkyDrive)は、EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:近藤 聡、以下:EYSC)と、エアモビリティ事業におけるサポーター契約(※2)(戦略コンサルティング契約、以下:本件契約)を締結したことを発表しました。

契約締結の背景

EYSCが属するEYは、「Building a better working world ~ より良い社会の構築を目指して」を理念に、世界150以上の国・地域で約31万人が、アシュアランス、コンサルティング、税務およびストラテジー・アンド・トランザクションの分野で活躍するプロフェッショナル・ファームです。

EYのグローバルネットワークでは、企業の社会的責任を果たすべく、持続可能でインクルーシブな成長に向け、SDGsなど現代の大きな課題への取組みを拡大し、注力していくことを目的としたEY Ripplesというグローバルプログラムを推進しています。本件契約もEY Ripples活動の一環であり、SkyDriveの「空飛ぶクルマ」や「物流ドローン」事業がもたらすと考えられている、脱炭素・生活弱者の救済などのSDGsの課題解決などを目的として締結されました。

SkyDriveは、本プロジェクトを通じて将来のエアモビリティ社会の実現、そして社会問題の解決や持続可能でインクルーシブ(包摂的)な成長の実現を目指しています。なお、本件契約に基づく、SkyDrive の2025年の事業開始のための支援プロジェクト(以下:本プロジェクト)は、EYSCのサービスラインの一つであるストラテジー・アンド・トランザクション(※3)内の戦略コンサルティングチームであるEYパルテノンが主導します。

EYパルテノンのサポート内容

国内外の空飛ぶクルマ(eVTOL)や物流ドローン等の領域におけるコンサルティングの実績および知見を豊富に有するEYパルテノンのコンサルタントが、エアモビリティ事業における国内外の市場・競合調査、事業戦略・ロードマップ、事業計画策定やプロダクト・サービス開発など多岐に渡る領域でコンサルティングサービスを提供します。

事業戦略に基づき、日本外国特派員協会(FCCJ)にて海外向けに情報を発信した際の様子(2021年9月22日)

※1 空飛ぶクルマとは:正式名称を「電動垂直離着陸型無操縦者航空機(eVTOL(electric vertical takeoff and landing))」と呼ばれ、電動化、完全自律の自動操縦、垂直離着陸が大きな特徴です。モビリティ分野の新たな動きとして、世界各国で空飛ぶクルマの開発が進んでおり、日本においても2018年から「空の移動革命に向けた官民協議会」が開催され、都市部でのタクシーサービス、離島や山間部の新たな移動手段、災害時の救急搬送などにつながるものとして期待されています。日本では、2023年頃の事業開始、2030年の本格普及に向けたロードマップ(経済産業省・国土交通省)が制定されています。

※2 サポーター契約とは:SkyDriveにおけるサポーター契約とは、契約締結企業から部品割引や工数提供という形で支援され、空の産業革命をともに創造していくプログラムです。

※3 EYストラテジー・アンド・トランザクションとは:クライアントと共に、そのエコシステムの再認識、事業ポートフォリオの再構築、より良い未来に向けた変革の実施を支援します。クライアントの企業戦略、キャピタル戦略、トランザクション戦略、ターンアラウンド戦略の推進から実行までサポートし、あらゆるマーケット環境における迅速な価値創出、クロスボーダーのキャピタルフローを支え、マーケットに新たな商品とイノベーションをもたらす活動を支援します。EYストラテジー・アンド・トランザクションは、クライアントが長期的価値をはぐくみ、より良い社会を構築することに貢献します。詳細はこちら:https://www.ey.com/ja_jp/strategy-transactions

出典:株式会社SkyDrive「SkyDrive、EY ストラテジー・アンド・コンサルティングとサポーター契約を締結 ~エアモビリティ事業の戦略強化により、グローバル市場での地位確立を目指す~

ニュースの最新記事