A.L.I.、ドローンの農業センシング提供エリアが2年で36都道府県に到達

A.L.I.、ドローンの農業センシング提供エリアが2年で36都道府県に到達

2021年9月30日、株式会社A.L.I. Technologies(本社:東京都港区、代表取締役社⻑:片野大輔、以下:A.L.I.)は、今夏を以って農業リモートセンシング業務の累計実施地域が国内36都道府県に達したことを発表しました。

農業従事者の減少が加速しつつある中、農作業の大幅な省力化や生産性向上のために、ドローンを含めた最新のテクノロジーを活用したスマート農業の必要性が高まっています。

A.L.I.は、2019年より日本全国で農業リモートセンシングに係るドローンソリューションを提供しています。リモートセンシングとは、ドローンで撮影した空撮画像をもとに作物の生育状況を可視化する作業です。得られたデータから適切な箇所に適切な施肥を行うことで、低コストで均一な施肥が可能になり、農業従事者の作業労力と作業時間を大幅に短縮することができます。

今夏も国内農業機器メーカーと共同で、36都道府県にて農業リモ ートセンシングを実施しています。

操縦士オペレーションシステム「C.O.S.M.O.S. Hub」

A.L.I.は、日本全国で100名を超える登録操縦士のデータを、操縦士オペレーションシステム「C.O.S.M.O.S. Hub(コスモスハブ)」で一元管理しています。本システムで操縦士の稼働管理を行うことで、日本全国の登録操縦士と業務発注者の迅速で効率的なマッチングが可能です。

また、本システム登録操縦士には精度の高い安全管理マニュアル指導とビジネスマナー研修を実施しており、日本全国のいかなる場所においても、安心安全で高品質なドローン点検が実施できる体制を構築しています。

これからは大豆や果物といった様々な農作物における農業リモートセンシングサービスのみならず、ドローンによる農薬散布サービスを新たに展開しています。A.L.I.は、今後も日本全国のあらゆるニーズに応える、高品質なドローンソリューションの普及に努めていくとのことです。

「C.O.S.M.O.S. Hub」

ドローン操縦士オペレーションシステムとして、操縦士と業務発注者の迅速で効率的な案件マッチングが可能です。登録操縦士にはハイレベルな安全管理マニュアル指導、ビジネ スマナー研修、定期的な操縦スキルテストを実施し、ドローン操縦士と業務発注者、双方にとって安心で安全なオペレーションシステムを構築しています。

ドローン操縦士として本システムの登録を希望される方は、以下のリンクからA.L.I.にお問い合わせください。
お問い合わせ | 株式会社A.L.I. Technologie

出典:株式会社A.L.I. Technologies「A.L.I. Technologies、ドローンによる農業センシングの提供エリアが2年で36都道府県に到達 〜日本全国のいかなる場所においても高品質なスマート農業を〜

ニュースの最新記事