FlytBaseとHeisha提携、ドローンインボックスのパッケージを提供する予定

FlytBaseとHeisha提携、ドローンインボックスのパッケージを提供する予定

TiEシリコンバレー発のドローン関連システムの開発会社FlytBaseは、中国のHeisha Techと提携し、様々な既製ドローンが動作する手頃な価格のドローンインボックスを制作することを発表しました。

ドローンインボックスとは、自動飛行するドローンが充電やミッションの指示を受け取る箱のことです。ドローンはドローンインボックスから自動飛行を開始し、ミッションを遂行します。ミッションが完了したり、ローバッテリー状態になるとボックスに戻り、次のミッションに備えて充電を開始します。この作業を繰り返すため、ドローンは箱の力を借りて半永久的に自動活動することになります。

FlytBaseは、2019年のNTTデータグローバルイノベーションコンテスト優勝者でもある企業です。すでに「FlytNow」と呼ばれるソフトウェアを開発しており、このソフトウェアを使用することでドローンのワークフローを自動化できます。

また、Heisha Techはドローンインボックスを開発している企業になります。同社の製品はYouTubeで公開されています。こちらをご覧ください。

すでにHeisha TechではDJIやParrotをはじめとするドローンを、ドローンインボックスに連携し、自動化することに成功しています。今後、この自動化の仕組みにFlytBaseのソフトウェアが使用され、作業精度が大きく向上することが期待されています。

FlytBaseのCEOであるNitin Gupta(ニティン・グプタ)氏は、次のように述べています。

「私たちは、クラウドベースのドローンの自動化管理及び運用システムのパイオニアとして、Heisha Techと提携できることを嬉しく思います。これまで私たちはお客様と協力して、ドローンによる配送、監視、アプリ開発に取り組んできました。今後、Heisha Techと提携との提携により、FlytNowソフトウェアを搭載したドローンインボックスを低価格で提供していく予定です。」

出典元:FlytBase公式ホームページ

ニュースの最新記事