Biden(バイデン)大統領の誕生を祝い、ドローンと花火が夜空を彩る

Biden(バイデン)大統領の誕生を祝い、ドローンと花火が夜空を彩る

2020年11月7日、Joe Biden(ジョー・バイデン)氏のアメリカ合衆国大統領選挙の勝利が予想され、第46代アメリカ合衆国大統領になることを祝い、ドローンショーが開催されました。

ドローンショーは、Kamala Harris(カマラ・ハリス)副大統領の演説の後、花火と共に開催されました。最初は花火が空を彩り、途中からドローンが参加し、メッセージと共に空を彩りました。こちらの動画をご覧ください。

ドローンはアメリカ合衆国の本土を形取ったり、「PRESIDENT ELECT(大統領選挙)」の文字を形取ったりし、最後に第46代アメリカ合衆国大統領の名前である「BIDEN(バイデン)」という文字に空に描きました。

 

ドローンライトショーは、インテルが同社の技術を披露するイベントでパフォーマンスとして使用して以来、世界中で人気となっています。その時のドローンライトショーの様子は、こちらの動画をご覧ください。

新しい花火とも言われているドローンのライトで空を彩るドローンライトショー、日本の夜空をドローンが彩る日はそう遠くないのかもしれません。

ニュースの最新記事