DroneWikiドローン総合情報サイト

最新型ヘリコプター「H145//BK117 D-3」世界初納入 – 川崎重工業株式会社

2020.10.16

2020年10月8日、川崎重工業株式会社がエアバス・ヘリコプターズ社と国際共同開発および分担製造しているBK117ヘリコプターシリーズの最新型「H145//BK117 D-3」(以下、D-3)が、世界初納入されました。

初納入先はNorwegian Air Ambulance Foundation(ノルウェー)で、救急医療(EMS:Emergency Medical Service)分野で運用される予定です。なお、日本では2021年春に川崎重工業株式会社にて、国産初号機を納入する予定です。

D-3は、現行機である「H145//BK117 D-2」(以下、D-2)の改良型です。フルフラットフロアを備えた余裕のあるキャビンスペース、多用途性に優れた後部の観音開きカーゴドア、高高度におけるホバリング性能の向上、低騒音化、そして最新のアビオニクス(電子機器)搭載によるパイロットの負荷低減などのD-2の特長を継承しつつ、最新式のメインローター・システム(5枚ブレード・メインローター)などにより性能を向上させています。

BK117ヘリコプターは、救急医療、消防・防災、警察、報道、人員輸送、物資輸送などで活躍する中型双発機です。1983年の初号機納入以来、機体の改良を重ね優れた技術力と高い信頼性により2020年4月1日時点で179機の納品を完了しており、エアバス社納入分を合わせると全世界で1,600機以上の納入を誇るベストセラー機となっています。

川崎重工業株式会社は、今後もBK117ヘリコプターの性能向上、および各種用途に合わせた装備品を開発するとともに、これまでの納入実績に裏付けられた高い信頼性や、開発・製造・販売・アフターサービスまで全て当社で行えるきめ細やかなサポート体制を活かし、国内外問わず積極的な営業活動を展開していくとのことです。

【D-3の主要性能】

全長 13.54m
全幅 1.73m(胴体)
全高 3.98m
定員 10名(標準座席)
12名(最大座席)
最大全備重量 3,800kg
最大速度 約267km/h
航続距離 740km(標準タンク)
主な装備 自動操縦装置、GPS地図表示装置など
HTAWS(地形認識警報装置)など

出典元:川崎重工業株式会社「最新型ヘリコプター「H145//BK117 D-3」がエアバス・ヘリコプターズ社より世界初納入

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加