DroneWikiドローン総合情報サイト

ピストルサイズのドローンガン「The Paladyne E1000MP」- Drone Defence

2020.10.15

今月初め、イギリスのカウンタードローン会社であるDrone Defence(ドローンディフェンス)は、ピストルサイズのドローンガン「The Paladyne E1000MP」をリリースしました。

「The Paladyne E1000MP」は、不正なドローンに対してトリガーを引くことで、無線周波数信号を妨害するジャマーを発信します。ジャマーを受け取ったドローンは、強制的に登録されたホームポイントへ帰還します。

「The Paladyne E1000MP」の優れている点は、そのコンパクトさです。ユーザーは小さなバックパックやポーチに入れることもできます。EU諸国の欧州警察連盟で採用されているドローンシールド社の「DroneGun Tactical」を見れば分かりますが、同じドローンガンでもサイズは全く異なります。

「The Paladyne E1000MP」の稼働時間は2時間、充電には約4時間を要します。待機状態においては、12時間稼働できます。また、重量は約3.5km、華氏-4度から華氏140度の温度で動作できます。

ドローンの増加に伴い、不正なドローン使用をする人々も現れています。例えばアメリカでは、MLBの試合中にドローンが侵入、試合が中断する事件が既に3件起きています。

また、ドローンを飛ばすことで空港における飛行機の離発着を止め、その間に抗議活動する過激派の環境団体もいました。

国の重要な施設、人が集まる場所において、不正ドローン対策は今後必須になっていくでしょう。ドローンガン「The Paladyne E1000MP」は携帯できる非常にコンパクトなサイズです。今後、施設の警備員などが携帯する日も近いかもしれません。

出典元:Drone Defence公式ホームページ「What Is The Paladyne® E1000MP ?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加