ドローンのゲーム「The Drone Racing League Simulator」Xbox Oneに登場

ドローンのゲーム「The Drone Racing League Simulator」Xbox Oneに登場

2020年9月23日、「The Drone Racing League Simulator」がXbox Oneに登場しました。

「The Drone Racing League Simulator」は、世界大会「2020 DRL Allianz World Championship」も開催されている国際的なeスポーツです。税込価格2,350円でダウンロードできます。
The Drone Racing League Simulator | ダウンロードページへ

また、Xboxは新製品「Xbox Series X/S」が11月10日に発売されるため、Xbox Oneは生産完了品となっており、現在では非常にお買い得となっています。

created by Rinker
マイクロソフト
¥15,279 (2021/06/21 12:35:24時点 Amazon調べ-詳細)

「The Drone Racing League Simulator」では、25のレースフィールド、18のトラックがあり、プロドローンレーサーのようにレースを楽しめます。ドローンのカスタマイズも楽しめるため、本格的なレースを味わうことができます。

本格的なシミュレーションができるため、既にレーシングドローンを持っている方は、サードパーティ製のアダプタを使用することで、自分の送信機で操縦をすることもできます。

「2020 DRL Allianz World Championship」は、10月21日に新シーズンを発表しました。レースの模様は、NBC、NBCSN、Twitter、Facebook Watch、Sky Sports、ProSieben、Groupe AB、Youku、Weiboなどにより、全世界50カ国で放送されます。

DRLの代表であるRachel Jacobson(レイチェル・ジェイコブソン)氏は、次のように述べています。

「競争は人間の本性ですが、戦場は時代と共に変わります。2020 DRL Allianz World Championshipでは、バーチャル世界という現実で、デジタルアスリートがスキルを競い合います。Xbox Oneでのリリースにより、世界中の人々がドローンレースを味わうことができます。10月21日から開幕する新シーズンもぜひご覧になってください。」

ニュースの最新記事