国内初のレスキュードローン「TSV-RQ1」発表 – 東光鉄工

国内初のレスキュードローン「TSV-RQ1」発表 – 東光鉄工

2020年7月9日、秋田県に拠点を置く東光鉄工株式会社は、国産の多目的ドローン「TOKOレスキュードローン®TSV-RQ1(以下、TSV-RQ1)」を開発したと自社の公式ホームページで発表しました。

TSV-RQ1の見た目は、空気抵抗の少ない流線型のボディが特徴です。

また、高レベルの防水・防塵、耐風性能を備えており、強風時などの悪天候の環境下においても、安定した飛行を実現します。

加えて、夜間でも対象を捜索可能な高感度・赤外線カメラ、100m上空から音声が届くハイパワースピーカー、更に物資の輸送・投下を可能にするアタッチメント式のオプションを搭載でき、災害時に活躍可能です。状況に応じて装置・機能を付加することによって、迅速な救助活動をサポートします。

純国産のレスキュードローンの発表は、東光鉄工が国内初になります。

TSV-RQ1のスペックは以下の通りです。

フライトコントローラー
日本製高性能タイプ
サイズ
展開時のローター間:1100 mm
折りたたみ時:840×620×491H(mm)
ローター数
4個
本体重量
6.1 ㎏(バッテリーなし、カメラ含むオプション品なし)
ペイロード重量
3 ㎏
バッテリー
タイプ:Lipo6S
容量:22Ah
使用個数:1個
プロペラサイズ
28インチ
最大伝送距離
5 km
最大飛行時間
35分(※ペイロードなし)
最大耐風速
18 m/s
防水・防水性能
IP55
浮力(真水)
1時間(バッテリーあり、カメラ含むオプション品なし)
FPVカメラ
フルハイビジョン

【オプション】

  • 高感度カメラ(ISO:100万画素相当超高感度カラー映像光学最大31倍・デジタル32倍ズーム)
  • 赤外カメラ(画素数:640×480VGAフォーマット高分解能高画素サーモカメラ)
  • 高輝度LEDライト(8000lm 高度100mからの確認可能)
  • ハイパワースピーカー(30W 硬度100m上空から受音 無線通信可能距離最長5㎞)
  • 物資投下装置(搭載可能重量~2㎏)
TSV-RQ1の詳細・お問い合わせは、こちらから確認できます。

 

出典元:東光鉄工株式会社「「東光レスキュードローン®TSV-RQ1」を発表

ニュースの最新記事