NASCARのレース模様をドローンが完全撮影!ヘリが必要ない時代に

NASCARのレース模様をドローンが完全撮影!ヘリが必要ない時代に

NASCARは、世界的な感染症の影響を受け、3月8日からレースの開催を休止していました。

しかし先週、ようやくレースが再開されることになりました。
ただし、観客がレースウェイに集まることはまだ許可されておらず、スタッフの配置も必要最低限に限定されています。

放送チームに関しても、ピットからリポーターを務めるレガン・スミスという1人のレポーターがいるだけとなっています。

もちろん、カメラマンに関しても要員が限定されています。

要員の制限を受け、Fox Sportsはドローンを使用した撮影を開始しました。
レポーターのレポートもドローンの撮影映像に依存している、初めてのケースとなります。

Fox Sportsは、以前からNASCARレースでのドローン撮影を行っていました。
2016年にレースのドローン撮影実験を開始し、2018年からは度々使用されています。

しかし、ドローン映像だけの撮影は今回が初めてです。
NASCARレースは視聴者も多い代表的なレースイベントで、失敗は許されない状況でした。

ドローンで撮影された映像の一部が、公式Twitterより公開されています。

ブレのない鮮明な映像で、車に離される訳でもなく撮影ができています。
今後のモータースポーツ界隈では、ドローンを使用した撮影が一層進んでいくでしょう。

ちなみに、撮影に使用されたドローンはDJI社の『Inspire 2』です。

『Inspire 2 + Zenmus X5Sセット』648,710円

DJIドローンを使用したレースやドリフトの撮影は度々行われており、DJI社のYoutubeチャンネル『DJI Creater』でも動画が公開されています。

DJIのYoutubeチャンネルに関しては、こちらの記事をご覧ください。

出典元:THE DRIVE「NASCAR to Use High-Speed Camera Drone in First Race Broadcast This Weekend

ニュースの最新記事