DroneWikiドローン総合情報サイト

SwissDronesがヘリコプター型ドローン『SDO-50V2』でオーストラレーシアへ進出

2020.01.07

SwissDronesは世界でも有数のドローンメーカーのひとつです。
特にヘリコプターの形をしたドローン『SDO-50V2』は監視、捜索、救助、荷物の輸送などにおいて、世界中で使用されています。

そして2020年、同社はオーストラレーシア(オーストラリアや南太平洋の島々)へ進出するとのことです。

SwissDronesは、インフラ、沿岸監視、消防、捜索、救助、防衛部門、検査、地図作成サービスの分野における価値を高めたいと考えており、オーストラレーシアで実績を作る予定です。

SDO-50V2』はタービンエンジンを使用しており、1時間あたり約15リットルを使用します。
その飛行時間は2時間30分におよび、40kgの重量の輸送が可能で、時速は60マイルにもおよびます。

今後、SwissDronesがオーストラレーシアでどのような実績を作るのか?注目です。

出典元:SwissDrones