DroneWikiドローン総合情報サイト

パナマ銀行が銀行間の書類の輸送にドローンを利用!目的は作業の効率化!?

2019.11.28

最近、パナマの銀行がドローンを使用して支店間の書類を転送するプロジェクトを開始しました。

目的は、銀行間の文書転送効率を改善することです。
書類をポストに投函するよりも、遥かに速い速度でやり取りが可能になります。

このプロジェクトは、パナマ民間航空局(AAC)も承認しており、ラテンアメリカのドローン会社なども技術サポートを果たしています。

 

最初のフライトは、パナマのBanistmo(バニストモ)銀行と民間配達会社Multientrega(マルチエントレガ)との協力で実施されました。
パナマ首都内で2kmの距離の配達を完了しました。

Multientrega(マルチエントレガ)のエグゼクティブマネージャーDavid Wenday氏は次のように述べています。

「時間を節約することは、より多くのメリットを生み出す要因の1つです。
一部の企業では、商品や物理的な書類の配達が重要であり、ドローンサービスをそれを改善できます。
この配送方法には、安全な操作、低コスト、時間の節約という特性があります。
また、ドローンは汚染ガスを発生しないというメリットもあります。」

 

パナマではドローンによる郵送物の配達が現実を帯てきています。

出典元:环球时报「巴拿马银行业推出无人机送文件服务 以提高效率