DroneWikiドローン総合情報サイト

ドローン業界は2020年までに1,000億ドル市場に成長する見通し

2019.11.26

DRONE INDUSTRY INSIGHTSの出したレポートによると、ドローン業界は2020年に1,000億ドル、2040年には1.5兆ドルに成長していくと予想されています。

2020年に地点においては、軍事市場が700億ドルで占める見込みです。
残りの170億ドルが一般消費者向けドローン市場、130億ドルが政府や企業の産業向けドローン市場となる見込みです。

ドローン業界の成長に関しては、アメリカの大手動画ニュースサイトCNBCがYoutubeに動画をアップしています。

 

特に輸送業界においては、ドローンは著しい成長をしていく見込みです。

Amazonは、ドローンが自動で配送するPrime Airをはじめています。

アメリカに本社のあるNatilusは、会場を長距離で移動するドローンのプロトタイプを完成させました。

 

また、空のタクシーを目指す会社は、次々と成功事例を作っています。

 

アナリストによると、5Gテクノロジーの台頭により、現在抱えている技術的な障壁は壊れていくと言います。

ドローンは急成長をしていきますが、軍事分野での使用状況が多いのは事実です。
「どこで飛ぶのか?」「どのように飛ぶのか?」「何に使用されるのか?」技術を正しく使う未来が求められています。

出典元:DDRONE INDUSTRY INSIGHTSThe Drone Market Report 2019