DroneWikiドローン総合情報サイト

米国国土安全保障省は、空港近くのドローンは撃ち落とすことを計画中!?

2019.11.23

アメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)は、空港近くのドローンを撃ち落とす計画しています。

現在、世界中で空港周辺のドローン利用は問題になっております。
イギリスのヒースロー空港では、環境団体が講義をするためにドローンを利用して空港の機能を停止させたこともありました。

ドローンが航空交通に与えるリスクを緩和する必要はありますが、それがシューティングになるようです。
この案はまだ企画段階で、共和党議員は抗議をしています。

しかしCNNによると、空港周辺のドローンを即座に撃ち落とすカウンタードローン技術は、既にアメリカ合衆国運輸保安庁は所持していると言います。
今後、空港周辺のドローンが撃ち落とされていく事案が出てくるかもしれません。

実際、悪意のあるドローン技術は進化を続けており、その脅威は激しさを増しています。
ドローンの技術が、社会をより良く変えていくのを願うばかりです。

出典元:CNN「DHS plan to shoot down drones near airports worries 2 key lawmakers