DroneWikiドローン総合情報サイト

DJIが農業用ドローン『T20』を発表!パッケージ価格は40,000元(約60万円)

2019.11.07

11月5日、DJIは農業用ドローン『T20』を発表しました。

『T20』は、全方向障害物回避レーダーを搭載しており、農地の障害物を認識して自動で回避します。
その他、作業時の飛行高度も設定可能であり、自動で農薬の散布を適切に行います。

1時間当たりの作業面積は、180ムー(12ヘクタール)の性能を誇ります。
20kgの農薬を積載して飛行でき、農薬の噴霧幅は7mです。

現在、中国では約10,000ユニットの農業用ドローンが稼働しています。

『T20』の誕生により、今後ますます中国では農業用ドローンが使用されていくでしょう。

 

出典元:环球时报「大疆农业发布全新植保无人机T20:套装售价不到4万