ドローンにネイルガンを装備!? 高所作業での研究が進む

ドローンにネイルガンを装備!? 高所作業での研究が進む

ミシガン大学では、とある研究者がドローンにネイルガン(釘などを材料に打ち込む工具)を装備させ、高所の建設労働者の代わりができるように研究をしています。

高所の仕事といえば、ビル窓の洗浄などは既にドローンでの実用化がされています。
高所などの危険が伴う場所では、人間が働くよりも機械の方が安全です。

ミシガン大学の研究者はドローンだけで新しい家の屋根を完全に設置することを目標にしています。
しかし、現時点での作業効率は人間の手作業よりも圧倒的に低く、パフォーマンスの改善に努めています。

ドローンが建設現場で作業をする日は、そう遠くないのかもしれません。

 

出典元:环球时报「美国大学把射钉枪装上无人机 欲代替建筑工人高空作业

ニュースの最新記事