RoboMaster 2019の優勝大学が決定!優勝チームは?賞金はいくら!?

RoboMaster 2019の優勝大学が決定!優勝チームは?賞金はいくら!?

RoboMaster 2019には、世界中の10,000人の若手エンジニアで構成される200チームが参加しました。

最終トーナメントには32チームが残り、アメリカ合衆国の『T-DTノースイースタン大学(T-DT Northeastern University)』が優勝しました。

優勝チームであるT-DTノースイースタン大学は、優勝賞金500,000人民元(約746万円)を獲得しました。

created by Rinker
DJI
¥68,067 (2021/09/26 23:59:18時点 Amazon調べ-詳細)

RoboMasterは2015年から行われている競技です。
近年では、世界No.1ドローン企業DJIが支援していることからも有名になってきました。

この競争では、バスケットボールコートほどの戦場で優位性を競うために、エンジニアたちがロボットの設計や構築をします。
ルールに関しては、公式より公開されているルール動画をご覧ください。

優勝チーム ノースイースタン大学のキャプテンであるFaqi Wang氏は、次のように述べています。

「ロボマスターは、クールなテクノロジーで遊び、理論的な学習を実践した物を現実で表現する機会を与えてくれました。私たちが息を吹き込んだロボットが、多くのチームと争い、優勝できたことに感動しています。」

RoboMasterの決勝戦はTwitch.tvで放送され、世界中の視聴者(15ヶ国以上、195万人以上)のオンライン視聴者が大会を観戦しました。

出場国には、中国本土、米国、カナダ、日本、香港の学生などが含まれていました。

2位には山海交通大学(Shanhai Jiao Tong University)、3位には中国電子科学技術大学(University of Electronic Science and Technology of China)が入賞し、それぞれ300,000人民元(約44万円)、100,000人民元(約15万円)を受け取りました。

いまやRoboMasterは国際的に認知されたプラットフォームに成長しています。

最近のRoboMaster S1の発売により、今後もRoboMasterの大会は盛り上がっていくでしょう。

created by Rinker
DJI
¥68,067 (2021/09/26 23:59:18時点 Amazon調べ-詳細)

出典元:DroneDJ「RoboMaster 2019 competition showcases the future of robotics

ニュースの最新記事